大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • 子供おばさんは文句だけを言っている/子供おばさんから大人女子...

子供おばさんは文句だけを言っている/子供おばさんから大人女子になる方法

コラムニスト・ひかりさんによる、恋愛に関する心構えや幸せになる秘訣などを伝える人気シリーズ、「子供おばさんから大人女子になる方法」。今回は、現状に不満があっても文句だけで、行動を起こさない子供おばさんが大人女子になる方法についてお伝えします。
子供おばさんから大人女子になる方法


子供おばさんは現状に不満があると、文句だけを言っています。

例えば仕事では「今の仕事はつまらない」「給与が安い」など、恋愛では「いい人がいない」「恋人が、仕事が忙しくて会ってくれない」など、いつも不平不満を口にしています。
でも、ただただ不満を言っているだけで、そこから行動には移しません。

大人女子は、なにか問題があるときは、どうしたらそこから抜け出せるかを考えます。

例えば、仕事がつまらないなら、どうしたら楽しくなるのかを考えたり、そもそも仕事に楽しみを見出すのではなく、仕事が終わった後の趣味に楽しみを見つけたりします。

もし給与が安いのであれば、上司に相談したり、転職を試みたり、副業が可能な会社なら、別の収入減を見つけたりします。

 

恋愛でも、恋人が欲しいなら、積極的に出会いを見つけるための行動を起こすし、恋人が忙しくて会えないのであれば、お互いの家を行き来できる関係にしたり、将来を考えているほど真剣な関係の場合は、近所に引っ越したり、同棲したりと、何かしらの方法をとります。

 

子供おばさんになくて、大人女子にあるものがあります。それは、“改善力”です。

幸せな人は、“改善力”を持っている

日々、幸せに生きている人というのは、単に現状の問題に対して受け身でいるのではなく、改善力を持って、積極的に過ごしやすい環境に変えていきます。だから、自分がより幸せになれる方向に進んで行けるのです。

 

世の中、耐えることだけが美徳なわけではありません。耐えなくても幸せになれる方法はいくらでもあります。

 

でも、子供おばさんが改善力を持とうとしても、なかなか持つことができません。なぜなら、「そんなのは、無理に決まっている!」と常識にばかりとらわれて、諦めるクセがついているからです。

 

逆に大人女子は、それが一般的には難しいと言われていることでも、今ある問題を打破するために「とりあえず、やってみよう!」と行動を起こすこともあります。例えそのときはうまくいかなくても、その時の問題点を理解し、再度、修正していき、結果的に、自分が納得できる状況に変えていくだけのチャレンジ精神と柔軟性があるのです。

 

常識なんてものは、そのときに多くの人が抱いている認識に過ぎないので、例外だって起こり得ます。可能性が1%でもあるのであれば、自分がその1%を目指したっていいのです。

少なくとも不満ばかり抱いて、ただモヤモヤしているよりも、それを改善しようとチャレンジをすることで、何かを発見したり、想定しなかったような幸せを手に入れたりして、人生が彩ることは多いものです。

 

幸せな人は、単にラッキーなだけではなく、自分を幸せにする力を持っています。文句だけを言っているよりも、改善力を身に付けたいものですね。

 

・子供おばさん……現状に不満があっても、文句だけ言って、何も行動を起こさないので、不幸のままでいる。

・大人女子……なにか問題があったときは、どうしたら改善できるかを考え、行動するので、結果、幸せになれる。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。近著に電子書籍「“子供おばさん”にならない、幸せな生き方: ~自分を愛するということ~」、書籍『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)など。公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」や4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」は20~30代の女性に人気。 4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」(フジテレビドラマ「オトナ女子」バージョン)→フジテレビドラマ「オトナ女子」
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • 子供おばさんは文句だけを言っている/子供おばさんから大人女子...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。