大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • 子供おばさんは仕返しをしてしまう/子供おばさんから大人女子に...

子供おばさんは仕返しをしてしまう/子供おばさんから大人女子になる方法

コラムニスト・ひかりさんによる、恋愛に関する心構えや幸せになる秘訣などを伝える人気シリーズ、「子供おばさんから大人女子になる方法」。今回は、人に傷つけられると相手に仕返しをしてしまう子供おばさんが大人女子になる方法についてお伝えします。
子供おばさんから大人女子になる方法


子供おばさんは人に傷つけられると、相手に仕返しをします。そうしないと腹の虫がおさまらないし、そうするのは当然くらいに考えています。
結果、どうなるのか?時に、相手から再度仕返しをされ、喧嘩がエスカレートすることだってあるでしょう。それでは、双方共に不幸ですよね。

世の中には人を傷つける人がいます。それはどうしてなのでしょうか?

そういう人は、いくつか方法がある中で、その方法をとることでしか自分を保てないのです。つまり、“心弱き人”なのです。

 

人の足をひっぱったり、意地悪をしたりして、相手を犠牲にしなくても、自分を保てる強さがある人であれば、そんな方法はとりません。なぜなら、基本、多くの人は、自分はいい人でいたいし、自分が納得する行動ができる人でいたいからです。

 

つまり、人を傷つける人は、残念な行動をしているうちに、ますます自分のことを認められなくなり、自己嫌悪でもって自分を苦しめるようになります。

本来、自分が「自分の一番の味方」でいなくてはいけないのに、自分の味方になれない人は、どんどん辛くなってきます。心に余裕もなくなります。

 

だからこそ、また人を傷つけるような行為をして、自分を保とうとし、さらに自分を嫌いになっていきます。それって、悪循環ですよね。

大人女子は同じ土俵に乗らない!

大人女子は、自分を傷つける人が出てきたとき、仕返しはしません。もちろん悔しい思いはしますが、仕返しをしたところでなにも生まれないどころか、結果的に自分もさらに嫌な思いをすることを知っているからです。

だからこそ、「相手は心弱き人なのだ」と思い、同じ土俵に乗らないのです。

 

もちろん正当な方法で対応し、二度と同じことをされないように防御することは大切です。でも、子供おばさんのように「やられたら、やりかえす」人は、実は同じく、心弱き人とも言えるのです。

 

仕返しをしたところで、本当に心がスッキリする人というのは、あまりいないものです。それは、仕返しをするような自分を誇れないからなんですよね。そんな残念な相手と同じ土俵に乗って、自分まで墜ちる必要はありませんよ?

 

自分が醜くなるくらいであれば、そんな相手とは距離をあけて、自分は自分で幸せになりましょう。それこそが“心強気人”です。

 

自分の人生の限られた時間、能力は、自分が幸せになるために使いましょうね。

 

・子供おばさん…人に傷つけられたら、相手に仕返しをして、双方で不幸になっていく。

・大人女子…傷つけるような相手とは距離を空け、仕返しするよりも同じ土俵に乗らない。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。近著に電子書籍「“子供おばさん”にならない、幸せな生き方: ~自分を愛するということ~」、書籍『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)など。公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」や4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」は20~30代の女性に人気。 4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」(フジテレビドラマ「オトナ女子」バージョン)→フジテレビドラマ「オトナ女子」
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • 子供おばさんは仕返しをしてしまう/子供おばさんから大人女子に...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。