大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • 言葉の無駄遣いしていませんか?より豊かに人生を送るための思考...
2017年07月23日更新

言葉の無駄遣いしていませんか?より豊かに人生を送るための思考とは

考えすぎてしまう性格、時にそんな自分に嫌気がさし、疲れてしまうことありませんか?どんなに必死に伝えようとしても伝わらない、自分の何がいけないのか悩んでしまうことありませんか?考えることも伝えることも悪いことではありません。知らず知らずのうちに言葉の無駄遣いをしていると、人生を損ねてしまう事にもなりかねません。より豊かな人生を送るために知っておきたい思考をご紹介していきます。

気持ちを相手に伝えるのは、とても難しいことです。
自分でも気づかないうちに気力・体力ともに大きく消耗しています。
それでも分かってもらいたいから伝えようとする理由は、それだけあなたにとって大切な人だからでしょう。
しかし相手が自分と同じ考えだとは限りませんし、正確に伝えられても分かってくれるかどうかは分かりません。
相手の話を聞いたら自分の考えや気持ちが変わる事だってありますよね。
そうして自分も相手も共に成長していければ良いのですが、そうでない場合はどう考えることが正解なのか、気持ちの持ち方についてご紹介してきます。

「伝えよう」とするのは真面目だから

相手に「伝えよう」とするタイプの人は基本的にとても真面目です。
自分の考えや気持ちを相手に押し付けるタイプとはまた違いますよ。
それはただの自己中心的な人間でしかありません。
そうではなく、自分の心を相手に伝え、相手にも心を伝えてもらい、人間関係をより良好にしていこうと考えている方のことです。
良い事なのですが相手を間違えると、その真面目さが結果的には自分自身の首を絞めてしまうことにもなりかねません。
真面目な方は、考える事を大切にしています。
自分と異なる思想の人と出会っても、一旦は自分の中に取り込み、考えます。
新たに気づいた事は吸収し、理解はできても納得がいかない事は、心のスペースに「こういう考え方の人もいるんだ」と置いておく。
だから、もし考えが違う2人が出会っても、真面目な2人であればぶつかる事はありません。
お互いに自分と通づる部分は共感し合い、異なる部分はどちらかが影響されることで1歩近づき、納得できなくても相手を尊重して受け入れるからです。

真面目に向き合う価値があるのか見極める

真面目な方は、関わったどんな人でもとにかく一度は真正面から向き合おうとするでしょう。
しかし、この世の中には真面目な人ばかりではありません。
不真面目な人とは、一度向き合ったタイミングでその価値がないことに気づきやすいので、無駄な労力を使わずに済むこともあるでしょう。
ですが、真面目だけども人間的に自分とは違ったレベルにいる人と関わる際の気の持ちようには少々注意が必要です。


【自分と同じレベルの人】
・共感できる部分がある
・異なる思想の場合、新たな発見がある
【自分よりも少し上のレベルにいる人】
・同じ思想の場合、1歩先へ進むことができる
・異なる思想の場合、新たな発見がある
【自分よりもすごく上のレベルにいる人】
・すぐに理解する事は難しくとも成長と共に理解できるようになる
・人生において大きくプラスになるヒントを見つけられる
・視野が広がり生き方の選択肢が増える

 

【自分よりも少し下のレベルにいる人】
・同じ思想の場合、1歩先を伝えてあげることで同じレベルになる
・異なる思想の場合、自分の成長を振り返るきっかけになる
【自分よりもすごく下のレベルにいる人】
・人の成長を見る事で新たに気づく事がある
・人間を見る目が養われる
・客観的に自分の人間性を見られるようになる

 

この場合、向き合う価値があるのは【自分と同じレベルの人】【自分よりも少し上のレベルにいる人】です。
【自分よりもすごく上のレベルにいる人】には向き合えるように知識をつけるなどの努力次第で、向き合ってもらえるレベルになれるかもしれません。

【自分よりも少し下のレベルにいる人】は成長の見込みがあるので向き合う価値はありますが、自分が上のレベルへと引っ張りあげる覚悟がないと逆にあなたが下のレベルへと引きずり降ろされてしまうリスクもあります。
【自分よりもすごく下のレベルにいる人】とは、気持ちにかなりゆとりがあるならば、客観的に自分を見つめ直すきっかけとして、または成長していく姿を目の当たりにして新たな刺激を受けるなどプラスにすることもできるかもしれません。
しかし、向き合う価値があるかないかということをあなたが考えるレベルではないのです。

言葉の無駄遣いをしない

真面目な人は思慮深いため、常に誰に対しても真っ向から向き合っていたら自分が疲れ切ってしまいます。
必要以上に考えることや気持ちを使うことを厳選した人だけに絞るべきなのです。
そうでないと結果、言葉の無駄遣いになりかねません。
野球でも、当たる確率が低すぎるバッターにボールを投げ続けるのは効率が悪く、試合は負けてしまいますよね。
自分がどうにか当たるようにと投げ方を試行錯誤してもバッターのレベルが低いと、もはやあなたの努力次第ではどうにもなりません。
それなら当たる確率が高いバッターにボールを投げた方が試合の流れは好転します。
腕の良いバッター相手であれば、あなたのピッチングの腕も上がるメリットがあります。


言葉を無駄遣いすることなく、意志の疎通を取る事ができ、相乗効果でどんどん成長していける相手かどうかを考えることが自分を大切にすることに結果的に繋がるのです。

必要以上に自分を消耗させない

考える価値があるか、気持ちを使うレベルの相手かを見極めること。
自分が出会った全ての人に対して、どんな場面であっても自分の最大限の言葉や頭を使って返答し、向き合い続ける事は、あなたが思っている以上に自分が消耗されていきます。
それを続けていると次第と習慣になってしまい、自分の人生を損ねる結果を招く事にもなりかねません。
気持ちや思考は言葉にしないと相手に伝わらない。
だからといってむやみやたらに言葉というボールを投げ続けていても、意味がないのです。
真面目な人は「伝えられない自分が力不足なのではないか」「どうしたらこの相手に上手く伝える事ができるのだろう」と自分の伝え方や言葉の選び方を考えてしまいがちですが、それではあなた自身が壊れてしまいます。
伝わらなくても響かなくても、あなたが悪い訳ではないこともあります。
ここぞという相手に出会った時のために言葉の無駄遣いはしないようにすることで、心が軽くなり、人生がより豊かに変化していくでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • 言葉の無駄遣いしていませんか?より豊かに人生を送るための思考...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。