大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • シングル大人女性なら誰でも持っている?心の闇との向き合い方と...
2017年08月16日更新

シングル大人女性なら誰でも持っている?心の闇との向き合い方とは

彼氏がいない、結婚していないというだけで心の闇に陥ってはもったいない!今回はアラサーアラフォー世代の心の闇との向き合い方、そして解決方法をご紹介します。

アラサー、アラフォー世代の独身女性は、周りの友達の結婚や出産に、落ち込みや焦りを感じたり、家と職場の往復のみの生活に虚しさを感じたり、老後を考えて不安や孤独に苛まれたり…。

今回は、そんなシングルの大人女子の心の闇との向き合い方についてご紹介しましょう。

他人と比較しないこと

「隣の芝生は青い」と言う言葉がありますが、隣の芝生は青く「見える」だけなのです。
お金持ちのご主人と結婚して豪邸に住んでいる友達が、本当に幸せとは限りません。
もしかするとご主人の浮気に悩んでいたり、嫁姑問題で辛い思いをしているかもしれません。
毎日インスタグラムやフェイスブックにリア充ぶりをアップしている友達も、実際は借金まみれかもしれないし、心を許せる本当の友達がひとりもいなくて悩んでいるかもしれないのです。
そしてもしかすると、あなたが死ぬほど羨ましいと思っている相手は、あなたのことを心から羨ましいと感じているかもしれません。

つまり、人と比較して「私は惨めだ」「みんなが持っているものを私は持っていない」と嘆くのはナンセンスということです。

あなたが何歳でも、独身でも既婚でも、あなた自身が毎日の出来事に感謝しながら、前向きに生きていれば、幸せなはずです。
「結婚しているから」感じる幸せもあると思いますが、「独身だからこそ」感じる幸せもあるはずです。
今持っているものに不満や不安を持つのではなく、今の状況をどれだけポジティブに捉え、楽しむか。
これが心の闇を乗り越えるひとつのヒントとなるでしょう。

自分で自分を受け入れて、抱きしめてあげる

アラサー、アラフォーの大人女子は公私ともに責任ある年齢になっていて、毎日一生懸命頑張っているはずです。
それなのに「毎日がんばっているね」「お疲れ様」と声をかけてくれる存在がいないと、とてつもない孤独感を抱えてしまうかもしれません。

また、友達の結婚や出産などのお祝い事にどっと落ち込んでしまったり、友達や同僚の離婚を聞いて、少し喜んでしまったりする心の狭さに自己嫌悪を覚え、泣きたくなることもあるかもしれませんね。

そんなときは、まず、あなたがあなた自身を抱きしめてあげましょう。
「がんばったね」「えらかったね」「そんなときもあるよ」「どんまい」と自分が言われたい台詞を自分で自分に投げかけてあげるのです。

子供だましのようですが、意外と効果がある方法ですよ。
甘えさせてくれたり、癒してくれたりする存在がないというあなたはぜひ試してみてくださいね。

第三者である心理学のプロに話を聞いてもらう

欧米のセレブの間では心のバランスを取るためや、自分の考えを整理するために、おかかえのセラピストを持つ人が多いそうです。
最近の日本も、少しずつ精神科や診療内科、メンタルクリニックの敷居が低くなり、多くの人が通院するようになってきています。
「病気」というのは大げさだけれど、誰かに話を聞いてもらいたい、悩みを打ち明けたいというときは、医療機関ではなく、民間の心理カウンセラーなどを利用してみるのもひとつです。

心理カウンセラーは傾聴のプロです。あなたの話を集中して聞いてくれます。
誰かに話をしていくだけで、悩みが解決したり、ストレスが軽減されたりすると言われています。
友達や家族に話しにくいことでも、第三者になら気軽に話せることもあるでしょう。

心理カウンセラーは、巷に溢れています。
資格や実績がしっかりしているカウンセラーを探して、門をたたいてみてはいかがでしょうか。

心や人脈を閉ざさずに、自分らしく生きていこう

親戚の集まりで自分だけ独身でいたたまれないから、もう親戚づきあいはしない。
周りが皆成功しているのに、自分だけが派遣社員だから同窓会にもいかない。

こんな風に 「自分の立場がマイノリティだから居心地が悪い、恥ずかしい」などと感じると、心を閉ざすだけでなく、人付き合いまで避けてしまい、最終的には本当に孤独になってしまう大人女子も少なくありません。

でも、それではますます、あなたの心の闇は深くなるばかりです。
シングルであること、アラサー、アラフォーであることなどは何のハンディでもありません。
むしろ、自由に人生を謳歌できるだけの時間やお金、健康な身体があることを誇りに思い、前向きに生きてください。
そうすれば、おのずとあなたの心の闇はすこしずつ晴れて、悩みも解決していくことでしょう。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

関東在住の30代。どんなに忙しくても自分磨きや趣味を楽しむ時間を持てるような生活を目指して頑張るワーキングママです。本業のかたわら、ライターとしても活動中。30代になっても輝き続ける女性を応援しています!
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • シングル大人女性なら誰でも持っている?心の闇との向き合い方と...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。