大人女子のためのWebメディア
検索

相手からの見返りをついつい求めてしまうあなたへ。

つい何かしてあげたくなる人の中には、感謝の言葉を伝えてくれない相手にやきもきしたことがある人もいるのではないでしょうか。 でも実は相手のためにと思ってやったことでも相手は全く喜んでいないこともあるのです。 そんな相手に感謝の言葉を求めているとどんどん溝が深まっていってしまいます。 相手からついつい見返りを求めてしまうあなたへ、楽になる考え方を紹介します。

つい何かしてあげたくなる人の中には、感謝の言葉を伝えてくれない相手にやきもきしたことがある人もいるのではないでしょうか。
でも実は相手のためにと思ってやったことでも相手は全く喜んでいないこともあるのです。
そんな相手に感謝の言葉を求めているとどんどん溝が深まっていってしまいます。
相手からついつい見返りを求めてしまうあなたへ、楽になる考え方を紹介します。

感謝してほしいと思うならやめるべき

もしあなたがしたことに対して相手が感謝してくれないと不満に思っているのなら、まずその行動は相手に頼まれてしたものなのかどうかを考えてみましょう。


もしそれが自分から取った行動なら、感謝をもとめるのは間違っています。
相手に頼まれていないことをして相手に感謝を求めるのはありがとうの搾取です。


コンビニの店員さんに「体調悪そうなので栄養ドリンクも入れておきました、ちなみに300円です」と言われたら納得いきませんよね。それならいらない!と思うはずです。


それと同様に相手に感謝されないと成立しない行動なら一旦それを止めるべきです。
体調が悪そうな人に毎回栄養ドリンクを配っていたらそのコンビニはつぶれてしまいます。
同じようにあなたの心もそのコンビニのようにすり減ってしまいます。
採算が取れないとその行動が続けられないならいっそのことやめてしまいましょう。
意外と相手は自分の助けがなくても元気に生活していくものです。

見返りを求めない「優しい心」を持ちましょう。

感謝の言葉欲しさに相手に何かを与えても中々相手は本当の意味で喜んではくれません。
そして行動に見合った報酬がないと感じたあなたばかりが疲れてしまうことになります。
そんなときは一旦相手に何かを与えるのをやめて、自分の中に「見返りがなくても相手に何かしてあげよう」という優しさが生まれてくるまで待ちましょう。

無償の愛で相手に接すれば、あなたの心も楽になるはずです。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。