大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • あなたの”ロールモデル”は誰?なりたい自分に近づく方法とは

あなたの”ロールモデル”は誰?なりたい自分に近づく方法とは

「あの人みたいになりたい!」「あんな生き方をしてみたい!」
誰しも、誰かに憧れた経験があるでしょう。でも”憧れのその人”になることはできません。
確かに”自分は自分。他の誰でもなくひとりだけ。”であり、個性はとても大切。
でも憧れているだけだと、次第に「あの人は◯◯なのに私は…」と暗〜い気持ちになってしまうこと、ありませんか?
ただ憧れて羨んでばかりはもうおしまい!ちょっと見方を変えればあなただってそのステージに上がることができます。

ロールモデルを明確に!

「あの人、素敵!」「あ、でもこの人も素敵〜!」と、色んな女性を見て、素敵!と思う感情は大切ですが、あなたが実際になりたいと思う人ってどんな人ですか?まずはそれを明確にしましょう。
それが”ロールモデル”というものなのですが、「この人のように◯◯をして、◯◯になって、◯◯のように生きたい!」と、具体的にあなたの理想に近づくために誰かひとり、頭の中で想像してみてください。
歴史上の人物でもいいし、実際に自分の近くにいる人でもOKです。このロールモデルを決めることによって、あなたの中で”なりたい自分”がより現実的になるはずです。

大人女子だからこその苦悩

さて、ここでちょっと苦戦するはずです。ロールモデルが定まらない!見つからない!という壁に当たってしまった方、多いと思います。
それもそのはず。若い頃とは違って、今までたくさんの人を見てきた大人女子には「この人のここは尊敬するけど、この人のここがちょっとなぁ…」とか「あの人に憧れていた時代もあったけれど、今考えるとどこに憧れていたんだろう…」とか。
または「あの人は素敵だと思うけど、自分がなりたいかって聞かれるとそうは思わない」と、女性って年齢を重ねると共にそれぞれ進む方向性が大きく変わりますよね。例えば、以前は親友と呼べるほど大の仲良しだった子がいたけれど、友達は早々に結婚・妊娠・出産をし、今では専業主婦。あなたは未だ独身で仕事もしている。と、そうなると必然と距離ができます。話の内容が合わなくなるんですよね。興味があることが違う、住んでいる世界が違う、だから見えるものが違う、と。仲が悪くなるとかではなくて、その友人とあなたのロールモデルが重なることはないですよね。だから、自分が今置かれている状況とさほどかけ離れていない女性に興味を持ち、ロールモデルにすることが自然なのです。

ロールモデルは変わってもいい!

専業主婦のA子ちゃんは、ママとして家事も育児も完璧にこなし、それでいて美しいB美さんをロールモデルとして思い浮かべる。
独身で働くC子ちゃんは、同じく独身でバリバリ仕事をこなし、外の世界で輝いているD美さんをロールモデルとして思い浮かべる。
でもA子ちゃんは子育てがひと段落したら、また働きたいと思っていて今はB美さんをロールモデルとして思い浮かべたけれど、いずれはD美さんのようになりたいと思っている。
逆にC子ちゃんは将来的には結婚をして専業主婦になりたいと思っていて、今はD美さんをロールモデルとして思い浮かべたけれど、いつかはB美さんのようになりたいと思っている。

それでいいんです。
“今”のロールモデルが一生続く…となると負担になってしまうし、生涯を通してのロールモデルを決めるとなると、すでに亡くなっているとても有名な方の中から選ばなければいけなくなっちゃいます。
途中で変わったっていいんです。大切なのは“今”の自分がどうなりたいかを自分自身の中で明確にすること!

ライフステージがワンランク上げることの大切さ

先ほど述べたように「今は◯◯さんのようになりたいけれど、いつかは△△さんのようになりたい」と思っている女性ってたくさんいるはず。
でもまずは「今なりたい◯◯さん」だけを思い浮かべてくださいね。欲張ってしまうと良いことはありません。二兎を追う者は一兎をも得ず!
それに、”今”のライフステージがワンランク上がると必然的に将来も明るくなります。具体的に言えば、出会う人、周りにいる人がそのライフステージによって変わるからです。
“類は友を呼ぶ”と言いますが、自分の周りを見渡してみて。その人たちが”今のあなたのレベル”です。どうですか?満足?それとも…?
将来、結婚したいけれど今はご縁がなくて仕事に打ち込む日々だったとしても、仕事に打ち込んで今の自分のライフステージをワンランク上げればそれに伴った人たちと出会いますよね。すると、昔の自分では出会えなかった素晴らしい人とのご縁が生まれるかもしれませんよね。
ライフステージを上げることの大切さって、そういうことです。

自分で切り開くこと・引っ張り上げてもらうこと

この、ライフステージの上げ方は主に2つ。自分で切り開くことと、引っ張り上げてもらうことです。
まずはひとつめ、自分で切り開くこと。言葉通り、自らワンランク上の世界に飛び込んで、揉まれながらその世界を自分のデフォルトにしてしまうという手段です。
結構ガッツがいる方法かもしれませんが、意外とワンランク上だと思っていた世界が実は全然そんなことなくて、見栄の張り合いだった…なんてこともありますし、思ったよりもすんなりと上がれちゃった…ということもあります。とにかくまずは行動あるのみ!です。 そして日本人の良さでもありますが謙遜しすぎないこと。自信をたっぷりと身に纏って飛び込んでくださいね!


そして次はふたつめ、引っ張り上げてもらうこと。こちらは自分ではない誰かにワンランク上の世界に連れて行ってもらうことです。その人がいなければ足を踏み入れられない世界に、その人の力を使って入れてもらう。容姿が良い女性はこのタイプが多いかもしれませんね。男性に引っ張り上げてもらうスタンスの子。
でも、ここで注意しなければいけないのは間違っても自分の力でその世界にいると思わないことです。結構多いんですが、その女性が素晴らしいわけではなくて、単純に素晴らしい男性が連れているからその女性がそこにいられるのに、あたかも自分の世界かのように我が物顔で振舞っている女性。特にこれを嫌うのは、その素晴らしい男性の友人です。男性の友人に嫌われれば男性との絆を永遠のものとすることは至難の技なのは当然で、その世界での居場所を失うことにもなります。

ひとつ階段を昇ると見えること

自分のことは自分自身が1番良く分かるけれど、でも自分を客観的に見て評価することって苦手な方多いのではないでしょうか。 「わたし、成長できているかな?」「今の私ってどのレベルなんだろう…」と気になるのは努力している証拠です。

そこで、最後にあなたが成長できたかどうか確かめる簡単な方法をご紹介しましょう。

それは、「今までは楽しかったことが楽しくなくなった時」や「いつものメンバーでいるのに何故か違和感を感じた時」などが多いです。 今までの自分なら楽しめていた環境なのに楽しくないのは、もうそこに魅力や刺激、そして尊敬、同意などの気持ちがないから。いつものメンバーで笑い合う時間に違和感を感じるのは、申し訳ないけれどその時間や内容がくだらない、時間の無駄だと思うから。

いつまでも同じ環境にいることは、誰にでも1番楽で心地よいものですが、それでは成長しませんよね。逆に、常に変化を恐れずチャレンジ精神を持ち続けている人たちと一緒にいると、飽きることはありませんし、あなたがダラけていたらきっと、どこか置いてけぼりな気持ちを感じるはずです。

あなたが心地よい!楽しい!と思える人たちってどんな人たちですか?

その人たちがあなたの今のレベルです。

そうしていくつもの階段を昇ってライフステージを上げていくことで知らぬ間に”なりたい自分”になれているはず。

 

Written by tomo.


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMDを経て、現在はライター兼エディター。3姉妹の末っ子、美容マニアで韓国好き。
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • あなたの”ロールモデル”は誰?なりたい自分に近づく方法とは
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。