大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • 「これを手に入れたら幸せになれる」 という考えでは幸せになり...
2018年10月24日更新

「これを手に入れたら幸せになれる」 という考えでは幸せになりづらい理由

幸せを手に入れる

幸せな恋をしたい女子の皆さま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。幸せになりたいというと、よく、「私たちは未来や過去に生きているのではない。今に集中してこそ、望みは叶う」などと言います。では、「今の頑張り」は「未来の幸せ」を作るものではないのでしょうか?考え方のヒントを書いていこうと思います。

「今」の頑張りは未来の幸せを作るのではない

幸せを手に入れるには

そもそも「望み」があるとしたら、その「望み」とは、今現在は「ない」ものの場合が多いですよね。

例えば、「結婚したい」「資格を得たい」などなど。そして、私たちはその望みが「実現する未来」のために今を頑張りますし、「望みが叶うと幸せになれる」と思います。が、この考えはリスキーな上、間違いに繋がりやすいです。

なぜかというと、この考え方では、「今」が未来の従属物であるかのように思えるからです。すると、今が必ずしも幸せでない状況に陥る恐れがある上に、「望み」が叶わない場合、(今を犠牲にして積み重ねた)未来も幸せにする保証がないという、なんとも辛いものになりやすいのです。

夢は「今」をよくするためのツールに過ぎない

幸せ

例えば、なんらかの資格を得るために、猛勉強やバイトをするとして、「夢があるから、頑張れる」と思えるとしたら、いいでしょう。ですが、そのために「今」が苦しいようでは問題です。

夢に向かって頑張ることが「気持ちいい」と思えずに、「苦しいだけ。…でも、将来幸せになるはずだから」などと涙を流しているようでは、その夢を持つこと自体、本末転倒といえるくらいです。


実際のところ、「望みや夢とは、今この瞬間をよくするための単なるツール」に過ぎません。私たちはよく、「●●が欲しい」「●●があれば幸せになれる」「●●を将来得るために、今頑張ろう」などと考えますが、「未来のために今がある」という発想は成り立ちづらいのです。

幸せとは「今」「機嫌がいいこと」

幸せとは「今」「機嫌がいいこと」

なぜかというと、私たちって誰でも「今」「この瞬間」にしか生きていないわけですよね。長い人生がこのまま続くと誤解しているから、「今」を疎かにしがちですが、実際にはそんな保証は誰にもない。ならば、この瞬間瞬間が積み重なって、時間が経過するのが人生…となると、幸せとは、「今この瞬間」「幸せだ」と「自分が思えていること」であり、そういう「機嫌よくいられる状態」を指す…ということになるように思えます。


で、先の歯を食いしばって云々…のように、「今が幸せに感じられない」夢の実現方法を取ると、「幸せに思える瞬間」は一生やってこない」かもしれません。まず、資格が取れる保証がないですし、資格が取れたとしてもその時に、「自分が機嫌よくしているか」も不明。つまり、資格(や未来の夢や希望)を「幸せになるために取る(持つ)」と考えるなら、「幸せ」など保証されていないと知っておくべきです。


そうではなくて、「勉強は辛いけど、資格が取れると思えれば楽しい」「辛いけど、ウキウキできる」と感じられるならばOKで、むしろその「楽しい気持ち」のための「夢」や「目標」であると考えたほうがいい。

機嫌はコントロールできる

期限はコントロールできる

幸せとは「今この瞬間」の「機嫌の良さ」であり、「夢」や「希望」は、自分の今を「機嫌よくしてくれるためのツール」だと考えると、感じやすくなります。さらに言うと、「今この瞬間」の「機嫌」って、実はコントロールできるものです。だって、自分が意識して機嫌よく過ごせばいいのですから。なので、「幸せになる」方法とは、「未来のために今を犠牲にしてでも頑張る」ことではなく、「今現在を」(どんな状況下にあるときでも)機嫌よく過ごす」方法を見つけることと言えるでしょう。


「会社で…」「嫌いな人といるときに…」「苦手な勉強をするときに…」どうやったら機嫌よくいられるかーーその方法をたくさん知ることこそ、幸せへの道ですし、さらに言うなら、ケースごとに…というよりも、「どんな場面でも」機嫌よくしていられる装置を自分に持つことが、幸せへの近道です。なお、その際に機嫌よく行えないものは放棄する勇気を持つのも手段でしょう。

究極には「決める」こと

決めることは大切

大事なのは、「未来のために今がある」のではなく、「未来は今のためのある」ーーと知ることです。そして、基本姿勢として「何をする場合でも、今自分が機嫌よくいること」を最優先すると決めておく。

 

そのために、あなたがたった今すべきことは、「いつも機嫌よくしている」と自分で決めてしまうこと。方法なんて、決めればあとからどんどん思いつくでしょうし、間違いなく増えていくでしょう。大切なのは、「~~を得たら、幸せになれるハズ、かも?」などと不確かな未来にすがることではなくて、まずはいつでも「そのとき」の「今」を「機嫌よく過ごす」と決意すること。

そうやって日々を積み重ねていくと、ふいに「夢や希望も叶っている」状態に移行していきます。なので、まずは今「決意すること」を最優先するといいと思います。

 

Written by にらさわあきこ


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 未婚男女の心理と実情に迫った『未婚当然時代~シングルたちの“絆”のゆくえ』(ポプラ新書)が話題沸騰中!→購入はamazonから。著書はほかに『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など。2015年4月より「恋愛・婚活研究所」主宰。『WEDGE(ウェッジ) Infinity』にて『未婚大国ニッポン』を連載中。
  • Grapps
  • 幸せの法則
  • 「これを手に入れたら幸せになれる」 という考えでは幸せになり...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。