大人女子のためのWebメディア
検索

「なりたい自分になる方法」はないって どういうこと?

なりたい自分になる

「幸せな恋」をしたい女子の皆さま、こんにちは。「恋愛・婚活研究所」主宰のにらさわあきこです。素敵な恋をしたいと思うと、「まずは自分を整えて」などと言われたりしますよね。「自分が自分らしくあってこそ、素敵な男性に知り合える」とも…。しかし「素敵になりたいから誰かと付き合いたい気持ちもあるわけで…」と思うと、しっくりこなかったりします。けれど、考え方を少し変えるだけですべてがうまく回り始めたりします。考え方のヒントを一つご紹介したいと思います。

「なりたい自分になる」は誤解しやすい

なりたい自分になる

まず、私自身が長らく誤解していて、もしかしたら同じ思考で悩んでいる人がいるかもしれないと思う考え方をご紹介します。

それは、「なりたい自分になる」という概念です。これは、とても誤解しやすいです。なぜかというと、「今いる地点」から「別の地点」を目指すという印象があるために、「今」が軽んじられやすくなるからです。

「理想の自分」像があるとして、そこに「向かいたい気持ちが(今)ある」…まではいいのですが、すると「自分のいる位置(主軸)」が「未来」に置かれやすくなる。しかし「主軸」を未来にすると(つまり未来目線から「今」を見る習慣をつけると)、「今の自分」というものが不確かになりやすく、すると心が不安定になりやすくなります。

理想の自分との齟齬に苦しくなる

具体的に言いましょう。例えば「理想の自分」の状態が、「仕事ができて、素敵な彼もいる」という感じだとしましょう。すると、そこを目指して様々な努力を行うのはいいですが、努力の結果が実感できないと次第に息苦しくなってきます。

「こんなに頑張っているのに、報われないのはなぜ?」「やはり私には理想を目指すのは無理なんじゃないか」「もう夢なんて持たない」…という風に、打ちひしがれやすくなるのです。

そして、世の様々なハウツーでは、そこで「くじけないために」コーチをつけようとか、仲間を作ろう、小刻みにフィードバックしようなどと言われたりしますけど、それらがしっくりこない場合は、結局解決しないまま。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

NHKディレクターを経て、文筆業に。恋愛や結婚、美容などの分野で取材・執筆を行う。 2019年より美容活動を熱心に行う「美活」をスタート。簡単でリーズナブルにできる美容情報をwebやブログ、インスタなどに発信中。 著書は、『未婚当然時代』(ポプラ新書)『婚活難民』(光文社)『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)など多数。 instagram:akiko_nirasawa_beauty ブログ:『美活☆365日 簡単&ラク〜に綺麗になろう!』 https://ameblo.jp/akiko-nirasawa-beauty