大人女子のためのWebメディア
検索

結婚している友達に嫉妬します【ひかりの恋愛相談室】

「ひかりの恋愛相談室」では、人気書籍 “ 「大人女子」と「子供おばさん」”の筆者であるコラムニスト・ひかりさんにGrapps読者様のお悩みを答えていただきます。

———-

人と比べたらいけないと思っていても、仲の良い友達は結婚していて、自分だけが独身だと辛いと感じる人もいるでしょう。そんな人は、どうしたらいいのでしょうか?

Kさん 33歳のお悩み

結婚している友達に嫉妬します

私は、婚活中の33歳女性です。

仲の良い友達はみんな結婚し、子どもも生まれてとても幸せそうです。そんな友達を見ていると、不幸すぎて毎日が辛い状態です。仕事もやる気がおきません。

周りの幸せと自分の幸せは別物だと分かっていても、影響を受けてしまう自分を変えたいです。どうしたら、周りを気にせずにプラス思考で過ごすことができますでしょうか?

Kさんへの回答

結婚している友達に嫉妬します2

確かに、自分は結婚したいのにうまくいかなくて、仲の良い友達はみんな結婚していて幸せそうだと、辛い気持ちになることは、分からなくはありません。

ただ、正直言ってしまうと、Kさんは今、自分が不幸せな理由を結婚のせいにしすぎのような気がします。

 

もし、今、独身でも幸せでいられるような環境を自分で作り出していたら、そんな不幸な気分を味わわないでいられると思うのです。

 

「自分が今幸せでないのは、結婚していないからで、結婚できたら幸せになれるはず」と思っていることが、根本的に間違っているのです。自分が幸せになることを、結婚に託しすぎていますしね。

 

そもそも自分で自分を幸せにできない人が、人を幸せにすることなどできません。人を幸せにできない人が、いい恋愛、結婚なんてできるのでしょうか?

 

おそらく結婚しても、自分の人生の楽しみをパートナーに託してしまうでしょう。そして、相手がKさんのお望み通りの楽しみを提供してくれなかったら、「どうしてこんな人と結婚しちゃったのだろう。友達はステキな旦那さんと結婚して羨ましい!」と言って、また比べませんか?

幸せは、人に提供してもらうのを待ち続けるものではなく、自分で作っていくものです。今ある環境を生かして、自分をどんどん楽しませるから、人は幸せでいられるのです。

 

Kさんは、「自分にないもの」ばかり見て、嘆いています。もっと「今、自分にあるもの」を見てみてはどうでしょうか?そうしたら、今、既婚の友達に嫉妬し、今の独身の時期を単に不幸な時間だと決めつけてしまっていることが、いかにもったいないことに気付くでしょう。

根本的に、「ないもの」ばかりに目に行く人は、幸せではいられません。結婚している、していないという問題ではなく、自分が幸せな人の思考ではないから、今、不幸だと感じていることに気付いた方がいいでしょう。

 

幸せな人はいつだって、今ある幸せに気付き、きちんと味わい、さらにその環境を生かします。でも、幸せになれない人は、今ある幸せに気付かず、新たな幸せばかり手に入れようとして、それを得られないと不幸だと感じてしまうのです。それではずっと不足感を抱きながら、幸せを追い続けるしかないでしょう。

 そもそも独身だと、本当に不幸なの?

結婚している友達に嫉妬します3

もし独身でいることが不幸なのであれば、現代のように結婚しない人が増えてきた現代は、不幸者だらけです。でも実際は、独身でも幸せな人はいませんか?そういう独身者をきちんと観察して、「どうして、結婚していなくても幸せなのか?」という理由を見つけてみてはいかがでしょうか?

 

人によっては、自由を満喫し、趣味を思いっきり楽しんでいる人もいるでしょうし、家庭に縛られない分、仕事をバリバリやっている人や自己実現に向けて頑張っている人もいるでしょう。

Kさんは、そういった人のように、今の独身の時間をきちんと生かせているのでしょうか?どうせ比べるなら、そういう人と自分を比べ、「今、自分ができていないことがなにか?」を知った方がいいでしょう。

 

逆を言えば、既婚者であれば、みんな幸せなのでしょうか?幸せだったら、離婚する人なんていないもの。でも、現実的に3組中1組が離婚していますし、仮面夫婦も含めれば、結婚したけど、幸せではない夫婦はもっといるでしょう。

自分と生まれ育った環境が違う人と一つ屋根の下で暮らすことは、思いのほか大変なことです。相手に合せなくてはいけないことも増えますし、我慢、忍耐も必要となります。

 

Kさんは、「結婚しているお友達が、どういった努力をして、今、幸せな家庭を作っているのか?」をきちんと理解しているのでしょうか?そこを見ないまま、ただ単に「結婚したから、幸せなんだ」なんて表面的な部分しか見ていないようでは、Kさんは結婚したところで、幸せにはなれないでしょう。なにも分かっていないからです。もしかしたらKさんが思っているような幸せは、どこを探してもないかもしれませんよ?

 「私には、これがある」というのを手に入れる

結婚している友達に嫉妬します5

どうしても人と比べてしまう癖が直らないのであれば、仲の良い既婚者の友達とは少し距離を空けた方がいいでしょう。「自分になくて、相手が持っているもの」ばかりに目がいってしまううちは、会わない方がいいです。

会わない間に、今の独身の時間を生かして、何か一つ、「結婚していなくても、私には、これがあるから」というものを手に入れるように努めてみたらいかがでしょうか?

 

今、そういったものがKさんにないから、ただただ結婚しているか、していないかだけで、幸せを測ってしまうのでしょうしね。

結婚したら、家事や育児で自分の時間がなくなるものです。独身者はその分、仕事、趣味、勉強に時間と労力を費やすことができるので、夢を叶えやすい、とも言えます。

 

もし「私の夢は、結婚することだから」というのであれば、今のうちにスーパー主婦になれるほどの実力を身に付けてみてはいかがでしょうか?そうしたら、「結婚したい」と言ってくれる男性だって、より現れやすくなるでしょう。もし料理や掃除が人一倍得意になったり、子育てに役立つ勉強などをしたりしたら、キャリアとしても新たな道が開けるかもしれません。

 

自分を磨くためにたくさんの時間を費やせるのは、独身ならではの大きなメリットです。その幸せを実感し、味わえたら、独身でも幸せでいられるものですよ。もっと自分で自分を幸せにできる人になりましょうね。

 

コラムニスト・ひかり

コラムニスト・ひかりさんへのお悩み相談を募集中!

このコーナーでは、みなさんからの恋のお悩み相談を募集しています。あなたのお悩みが採用されるかもしれません。

お悩み以外のご意見・ご感想もお待ちしております。お名前のイニシャルと年齢も必ず入れてください(可能であれば、ご職業も)。※本名などは決して載せないのでご安心ください!みなさまからのご応募、お待ちしています!

 

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。近著に電子書籍「“子供おばさん”にならない、幸せな生き方: ~自分を愛するということ~」、書籍『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)など。公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」や4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」は20~30代の女性に人気。 4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」(フジテレビドラマ「オトナ女子」バージョン)→フジテレビドラマ「オトナ女子」
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。