大人女子のためのWebメディア
検索
2015年01月20日更新

タフに美しく生きる東京オンナの実態調査。どんなに忙しくても手抜きしたくないところは?

日本の首都「東京」。世界中から多くの人々が集まり、さまざまなトレンドを発信し続ける場所。東京で、バリバリと働き、趣味や恋愛などのプライベートも満喫しながら“美”を保ち続ける東京の女性たちを「東京オンナ」と定義し、東京で働く 20代~40代の女性を対象に、生活・美容についての意識・実態調査を、株式会社H&BCが行なった。

日本の首都「東京」。世界中から多くの人々が集まり、さまざまなトレンドを発信し続ける場所。

眠らない都会・東京で、バリバリと働き、趣味や恋愛などのプライベートも満喫しながら“美”を保ち続ける東京の女性たちを「東京オンナ」と定義し、東京で働く 20代~40代の総合職の女性500名を対象に、生活・美容についての意識・実態調査を、株式会社H&BCが行なった。

 

タフに美しく生きる東京オンナの実態調査

 

東京オンナはとにかく疲れている

普段のストレスや悩みに関して質問聞したところ、95%が「体が疲れている(肩コリや眼精疲労など)」、79%が「仕事でストレスがたまっている」、67%が「睡眠不足である」、61%が「労働時間が長い」と回答。

タフな毎日を送っている反動として、疲労やストレスを感じている人が非常に多いことが分かる。

 

生活スタイルについて具体的に調べたところ、ハードな生活リズムが判明。

平均労働時間は 9.1 時間、約 4 割の東京オンナが 20 時以降まで働いている。

仕事がある日の睡眠時間は約 3 人に 1 人が「5 時間未満」と回答。

その一方で 約 7 割が「趣味に打ち込む時間を捻出しようと心がけている」と答えていて、

バリバリ働きながらも、自分の好きなことにもしっかりと打ち込みたいという、アグレッシブさが露呈した結果となった。

 

東京オンナたちが、どんなに忙しくても手抜きしたくないものは何か?聞いてみた。

 

どんなに忙しくても手抜きしたくない!

タフに美しく生きる東京オンナの実態調査_1

48%が「肌の手入れ」、38%が「体型維持」、30%が「髪の手入れ」と回答。

肌や髪、体型など、生まれ持った“素材”そのものを美しく維持したいという意見が目立った。

美容にかける1 ヵ月あたりの金額は、48%と約半数が「10,000 円以上」と回答。22%は「20,000 円以上」(22%)と回答。

美容への投資もしっかりと行っている。

 

東京オンナたちが手に入れたい憧れの要素は、60%以上が「艶やかさ」と回答。

特に、「肌」と「髪」に「艶やかさ」を求めていることが明らかになりました。

 

【調査概要】
・調査対象:20~40 代有職(正社員・総合職)の未婚女性 500 名 ※勤務先が東京都内の方 ※年代ごとに均等割付
・調査期間:2014 年 12 月 18 日(木)~2014 年 12 月 22 日(月)
・調査方法:インターネット調査

 

参考サイト
株式会社H&BC プレスリリース:http://www.salon-tokyo.jp/images/news/150116st.pdf

東京オンナ実態調査:http://www.salon-tokyo.jp/news/tokyo_onna/

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

コンテンツ制作会社勤務を経て、現在のライター業に。現実と理想の狭間に揺れる33歳。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。