大人女子のためのWebメディア
検索

起きるのがツライ!寒い朝にスッキリ目覚める5つの朝習慣

冬の寒い朝にスッキリ目覚める5つの方法を教えます。身体が目覚める為には、血流が良く体温が高い状態が必要ですが、寒くなると、身体の体温は下がり、血行も悪くなります。 寒い朝にスッキリ目覚めるためには、身体の温度を上げる、血行を良くする、この二つが重要です。

寒い朝にスッキリ起きる_3

12月も中旬になり本格的に寒くなりましたね。

そうなると、ツラいのが朝です。

ヌクヌク温かいベッドから出るのがツラい、目は覚めたけどボーッとしてしまう。
そんな風にモタモタ起きた日は、なんだか一日の調子もパッとしない気がします。そこで、冬の寒い朝にスッキリ起きられる5つの方法を教えます。

 

寒いと起きられないのはナゼ?
 身体が目覚める為には、血流が良く体温が高い状態が必要ですが、寒くなると、身体の体温は下がり、血行も悪くなります。

寒い朝にスッキリ目覚めるためには、身体の温度を上げる、血行を良くする、この二つが重要です。

 

身体が目覚める5つの朝習慣

1.太陽の光を入れる

朝、一番最初にしたいことが、「光を取り入れること」です。
部屋の照明を点けるよりも、カーテンを開けて日の光を部屋に入れた方が効果的です。
日光を浴びることで脳に起きる時間だと知らせます。
ベッドの中からでも構いません。とりあえずカーテンを開けて日光を浴びましょう。

 

2.グーパー体操

布団の中で手と足をグー・パー・グー・パーするだけ。
手足が冷えて縮こまった血流を良くしてくれます。たった1分秒でも効果あります。

 

・手のグーパー運動

(1)両腕を伸ばし、手をギュッと固く握る。握ったら5秒間キープ。
(2)息をふーっと吹きながら思い切り手指を開く。開いたら5秒間キープ。

 

・足のグーパー運動

(1)両足をピンと伸ばす。足指をギュッと握ったら5秒間キープ。
(2)息をふーっと吹きながら思い切り足指を開く。開いたら5秒間キープ。

 

手足を同時にやってもOKです。だんだんと手足が温かくなり、頭もスッキリしてきます。

 

3.外の空気を入れる

部屋が暖まり、血行も良くなると、身体が目覚めてきます。
頭をスッキリ起こすために窓を開けて外の空気をめいいっぱい吸い込みましょう。

冬の冷えた空気に触れることで、脳が目醒め、皮膚もギュッと引き締まり身体をさらに温かくしようと活動し始めます。

 

4.シャワーを浴びる

42度くらいの熱いシャワーを5分程と浴びましょう。身体をよく温め、血流を良くしてくれます。

ただし、熱いお湯を長く浴び過ぎると疲れてしまったり、ぬるいお湯だと眠たくなってしまうので気をつけましょう。

 

5.朝食を食べる

体温を上げるには、朝食は欠かせません。脳や胃腸が目覚め、頭がスッキリします。

熱を作る基礎となる「タンパク質」「脂質」「糖質」がオススメです。
「主食(ご飯やパン) + 卵 + 味噌汁(スープ)」に、根菜類など「身体を温める作用」のある食材をプラスするのが一番理想的です。

とは言え、朝から食べるのが辛いという人は、温かいスープや飲み物、白湯などを摂りましょう。
朝いちのコーヒーは、身体を冷やしてしまうので控えるのがベターです。

 

スッキリ目覚めた朝は、その日1日が気持ちよく過ごせます。試してみてくださいね。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

コンテンツ制作会社勤務を経て、現在のライター業に。現実と理想の狭間に揺れる33歳。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。