大人女子のためのWebメディア
検索
2014年09月12日更新

時差ボケを回避する方法7選。

休暇や出張で移動した時に疲労に襲われたりダウンしてしまうことはありませんか?そこで時差ボケを退治する7つの方法をお教えします。きっとすっきりと目覚めた状態で旅の全行程に挑むことができるはずです。

スクリーンショット 2014-09-10 14.41.34

 

休暇や出張で移動した時に疲労に襲われたりダウンしてしまうことはありませんか?

そこで時差ボケを退治する7つの方法をお教えします。

きっとすっきりと目覚めた状態で旅の全行程に挑むことができるはずです。

 

 

普段のペースを保つ

 

長旅ではない時には普段の生活のサイクルをそのままキープすることで時差ボケを避ける事ができます。

腕時計を現地時間ではなく、家で過ごす時間にセットして、食事や睡眠、運動などを日常のペースでおこないましょう。

こうすれば体は時差に気づくこともなく、帰りには何の問題もなしに時間の再調整ができるはずです。

もしすぐに寝付けない場合でもベッドに入って、眠りにつくまで目を閉じていることが大切です。

最終的に体は眠りにつくキッカケを見つけ、必要な睡眠時間をキープするために眠りに落ちるはずです。

 

 

 

水分補給

 

 

旅行の間や機内で水分が足りない状態になると時差ボケが悪化します。

これを防止するためには、旅の間にじゅうぶんな水分を摂取することが重要になります。

水やジュースは特に積極的に摂取しましょう。

アルコールは脱水状態を引き起こす原因となるので、できれば避けるようにしましょう。

もしビジネス上でお酒を飲む必要があれば、お酒と同じように水も飲むようにして下さい。

 

 

リズムを見つける

 

 

もし時差が大きな場所への移動であれば時計を現地時間にセットし直して、食事や睡眠などの日常生活はその時間に合せるようにしましょう。

つまり暗くなれば眠るというようにします。

時差ボケになる前に生活リズムを新しいタイムゾーンにすぐに適応させれば時差ボケが防げます。

新しいタイムゾーンに到着したら体の持つ24時間周期リズムを昼間の明るさや夜間の暗さに適応させましょう。

 

 

到着したら

 

時差ボケを避ける最良の方法は目的地に到着したら軽く体を動かすことです。

少し歩いてみたり、ホテルの部屋で軽く運動するだけでOKです。

体を動かしながら数回ジャンプして血の巡りが良くなったら市内観光に出かけてみましょう。

運動後に得られる特別なエネルギーのおかげで体のコンディションが光に適応しやすくなります。

 

 

眠れない時には

 

 

すべてが上手く行かない場合には、睡眠薬を使用して体が眠りにつくように調整するという方法もあります。

しかしこれは余りおすすめ出来るものではありません。

しかし旅行がまだ長く続く場合や、何度もタイムゾーンを変える移動の場合には、睡眠薬でいくらか体を休ませて、昼間目が覚めるようにすることも必要かもしれません。

 

 

自然の方法

 

 

もし睡眠薬は『ちょっと、、、』という方にはおすすめなのがアロマテラピーです。

ラベンダーオイルのようにリラックス効果があり、香りをかぐことでエネルギーや精神の安定が得られるタイプのアロマオイルがおすすめです。

これらのオイルがセットになったトラベル用キットを持参してみましょう。

 

以上のヒントを参考にすれば次の旅は時差ボケとは無縁になるはずです。

連休に海外に行かれるかたは、予備知識として覚えておくといいでしょう。

 

 

参照元:topvacationguide


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。