大人女子のためのWebメディア
検索
2014年11月17日更新

毛布の概念が覆る1枚のイラスト!正しい毛布の使い方がネット上で話題に

毛布を直接体にかけちゃダメ! おそらく、多くの人が体の上に直接"毛布"をかけて、次に”ふとん”の順番だと思いますが、それだと暖め効果が一番低いようです。毛布の暖め効果を最大限に発揮できる使い方は、マットのように体の下に"毛布"を敷いて、"布団"を直接体にかける方法です。

正しい毛布の使い方

冬も近づいてきて、寝る時に毛布と布団のセットは欠かせませんよね。

暖かい毛布と布団にくるまってヌクヌクしていると本当に気持ちよいのですが…、どうやらその毛布の使い方は間違っているみたいなんです。

 

Twitterに投稿された「毛布の正しい使い方」が、概念が覆る!と話題になっていますのでご紹介しますね。

 

 

なんと…!驚愕です。

わたくしも三〇年間、毛布の使い方を間違っていました!

 

毛布を直接体にかけちゃダメ! 

おそらく、多くの人が体の上に直接”毛布”をかけて、次に”ふとん”の順番だと思いますが、それだと暖め効果が一番低いようです。

毛布の暖め効果を最大限に発揮できる使い方は、マットのように体の下に”毛布”を敷いて、”布団”を直接体にかける方法です。

 

オムロンのねむりラボというサイトに正しい毛布の使い方がキチンと解説されていました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もっとも「あったか効果」が低いのは、体の上に直接毛布をかけてしまうこと。
暖かい状態をつくるには、「羽毛布団を直接体に触れさせる」ことが不可欠なのです。
羽毛は体温を感知して膨らみ、保温性を高める性質があります。羽毛布団と体の間に毛布があると、この効果を遮断してしまいます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(ねむりラボより引用)
 
さらに、毛布を体の下に敷くことで、寝ている間に体から放出される熱を下から受け止めてくれるので、保温効果がバッチリになるそうです。
 
最も寒い時期になったら、掛布団の上にもう一枚毛布をかけると、毛布が「フタ」の働きをして熱を放出させず温かさを保ってくれます。
 
 
本格的な冬には一番上から、
①毛布
②掛布団
 体
③毛布
④敷布団
この順番を鉄則としましょう。
 
これからの季節、是非試してみたいですね。
 
参照元 :http://nemuri-lab.jp/recipe/2637/

ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

広告代理店、占いサイトなどの運営を経て、フリーで女性向けライフスタイル情報を発信しています。30、40代の女性が輝ける環境を作っていきたいと思います。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。