大人女子のためのWebメディア
検索
2014年09月30日更新

理想の彼氏に出会う…その2:ピンク・フラワーで女子力UP!①

そうそう、風水では「桃」は子宝を象徴するアイテムでもあるんですね。ピンク・フラワーのエネルギーが、あなたの「女子的魅力」をきっと引出してくれると思います!

風水style生活

 

こんにちは!Achika です。

先週は、縁を運んでくれる東南方位に花を!というお話でした。

 

 

ピンクは愛と癒しの色。

 

では花の色は?

是非「ピンク」がおすすめ!

風水では、ピンクは愛と癒しの色。

そしてピンクの花は、様々な縁、

特に恋愛や結婚に関する縁を運んで来てくれる花とされています。

 

ピンクと言えば、桃色。

「桃」というと、どんなイメージをお持ちですか?

 

桃

 

可愛らしいコロンとした形。

産毛のような、ふくふくとした柔らかい皮。

皮をむけば、ほあほあしたミルク色の果肉。そして、何とも言えない甘い香り…。

 

ん?これって何かを連想させません?

ほあほあ可愛らしい肌の、ちょっぴり紅潮したふっくらほっぺた。

どことなく甘い香りがする…。

にっこり微笑みかけられれば、何だか抱きしめたくなるような…。

 

そう、幼児や赤ちゃんの肌!

「ピーチスキン」と言えば、女性の憧れですね!

あの羨ましいくらいツヤツヤお肌のピンクは、

見る人を、自然に、引き寄せる魅力を持っていると思いませんか?

 

 

「桃」は子宝を象徴するアイテム

 

そうそう、風水では「桃」は子宝を象徴するアイテムでもあるんですね。

そういえば桃太郎の昔話は、

実はおばあさんが桃を食べて若返って出産したとかしないとか…。

 

「桃色=ピンク色」のイメージと言えば、

「愛らしさ」「可愛らしさ」「CUTE」…無垢なものの持つ、甘い輝き…。

いずれにしろ男性・女性の保護本能を刺激する色なのではと思います。

女性の中に眠っている「優しさやあたたかさ」を引き出し、女性ホルモンの分泌を促す色。

そして男性には、「守ってあげたい」と思わせる色なのでは…。

 

ですから是非女子力アップのために、普段からひとつでもいいので、

ピンクの小物を携帯する、アクセントにでもピンク色が入った服を着る…。

そしてお家の装飾品にも、

ピンク・カラー、そしてピンクの花柄を使ってみて下さい。

さらにピンクの生花、または絵や写真を、いつも目につくところに飾って下さい。

 

George Hodan

 

 

ピンク・フラワーのエネルギーが、

あなたの「女子的魅力」をきっと引出してくれると思います!

ではまた来週!

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

風水セラピスト。住宅鑑定風水師。整理収納アドバイザー2級。 ホテルのバンケットプランナーとPCメーカーのテレマーケ勤務を経て、夫の転勤に伴い退職。以後2児の子育てと介護の傍ら、6回の引越し。小林 祥晃先生、李家幽竹先生ほかの本を読みあさり、新居の間取りに合わせた風水を実施。体験から得たお悩み解決ワザをお伝えしていきます。ブログ「風水美宅」:https://www.fusui-bitaku.com/ ・Facebook:https://www.facebook.com/pages/Achika-Kaihaku/867090026648701
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。