大人女子のためのWebメディア
検索

夏の夜、読書で癒やされてみませんか。北村薫 × 森の図書室「本で旅する八月の六日間」開催!

本が読めて、借りられる、お酒が飲める。そんな場所があります。今年7月に渋谷にオープンしたブックカフェ「森の図書室」。森の図書室では、8月24日(日)から 8月29日(金)まで 『北村薫×森の図書室「本で旅する八月の六日間」』を、開催します。直木賞作家でもある北村薫さんの最新小説『八月の六日間』は、日々の仕事に情熱をかたむけ、心が疲れた時には一人山歩きに行く女性が主人公。

渋谷からすぐ。

本が読めて、借りられる、お酒が飲める。そんな場所があります。

今年7月に渋谷にオープンしたブックカフェ「森の図書室」。

落ち着いた雰囲気で、ゆったりと本が楽しめる大人の人気のスペースです。

森の図書室_3

森の図書室では、8月24日(日)から 8月29日(金)まで 『北村薫×森の図書室「本で旅する八月の六日間」』を、開催します。

直木賞作家にして幅広い読書家でもある北村薫さんの最新小説『八月の六日間』は、日々の仕事に情熱をかたむけ、心が疲れた時には一人山歩きに行く女性が主人公。

八月の六日間

 

四季折々の自然や山道ですれ違う人との一期一会に、忙しさで強ばった心を解きほぐし、また都会で慌ただしい日常を生きていく…そんな主人公の姿に共感する声が多く寄せられています。

主人公が登山の時に必ず持っていく“本とお菓子”にちなんで、読書しながら飲食でき、本を通じた人との出会いもある〈都会のオアシス〉・森の図書室で、期間限定の特別コーナーを設置。

「本の旅」をテーマに、本読みの達人である北村薫さんが選んだ多種多様なオススメ本や、『八月の六日間』に関連した本が並びます。

 

1日限定で北村薫さんのトーク&サイン会を開催。

 

北村薫

 

小説『八月の六日間』に登場するお菓子を食べながら、最新作品について、今回選んだ推薦本についてなどなど、広く“本”についてのお話が聞けます。

森の図書室で作家を招いたイベントを開催するのは今回が初めてとのこと。どんなイベントになるか楽しみですね。

大人になると日常に追われ、読書を楽しむ機会も少なくなりますが、夏の夜、大人の図書館で本を手にとってみるのはいかがでしょう?

 

森の図書室_2jpg

 

北村薫×森の図書室「本で旅する八月の六日間」
コーナー設置期間:平成26年8月24日(日)~平成26年8月29日(金) 森の図書室営業時間内
会場:森の図書室(東京都渋谷区円山町5−3萩原ビル3階)

お店の地図はこちらをご参照ください。
http://morinotosyoshitsu.com/access/

■北村薫×森の図書室 「本で旅する八月の六日間」トーク&サイン会
開催日:平成26年8月25日(月)
トーク&サイン会時間:19:30~21:00
会場:森の図書室(東京都・渋谷)
参加費:1,500円 別途ドリンク1オーダー

(当日は18:00~21:00までに入店された方は、会員様、非会員様に関わらず一律の料金とさせていただきます。)
申込方法:事前申し込みは不要です。直接お越し下さい。

北村薫著『八月の六日間』公式HP
http://www.kadokawa.co.jp/sp/2014/8gatu/


森の図書室HP
http://morinotosyoshitsu.com/

※関連する記事


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

コンテンツ制作会社勤務を経て、現在のライター業に。現実と理想の狭間に揺れる33歳。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。