大人女子のためのWebメディア
検索
2017年06月06日更新

梅雨時期の養生法

梅雨時期は、湿気で外気が蒸れますが、体内にも湿気が溜まります。 身体が重い、むくみ、お腹の調子が悪いなどの症状が起き、気分も憂鬱になりやすくなります。 暑いからと言って冷たすぎる飲み物や食べ物の摂りすぎは、胃腸が冷えて疲れやすくなるので気を付けましょう。

ad51deb3

~梅雨時期の養生法~

 

梅雨時期は、湿気で外気が蒸れますが、体内にも湿気が溜まります。

身体が重い、むくみ、お腹の調子が悪いなどの症状が起き、気分も憂鬱になりやすくなります。
暑いからと言って冷たすぎる飲み物や食べ物の摂りすぎは、胃腸が冷えて疲れやすくなるので気を付けましょう。


Dakiny

汗を沢山かくと体内の余分な水分が排出されますし、汗腺が鍛えられ体に熱がこもりにくくなります。
この時期に沢山汗をかいておくと夏バテ防止になるので、適度な運動や長めに半身浴するなどし、リフレッシュするのがお勧めです。

食事で体内の湿気を取るには、利尿作用、湿気を取る作用のある食品がおススメです。
はと麦、小豆、コーン茶、うり類には利尿作用があります。
生姜、茗荷、胡椒、唐辛子など発汗によって水分を身体から出す作用があるものや、紫蘇、ミント、香菜、みかんや柚子の皮など芳香性のある食材を合わせて適度に食べると効果的です。

 

この時期は、胃腸や消化器官がダメージを受けやすくなります。
それらの働きを助ける、空豆、いんげん、枝豆、とうもろこし、かぼちゃ、トマト、さくらんぼなど旬の食材を意識的に取り入れましょう。

カビや雑菌が繁殖し、食中毒が起きやすくなります。

まずは、良く噛んで食べる事。
生姜、わさび、紫蘇など食中毒を予防する食材を取り入れましょう。
特には、食中毒予防の他、下痢や食中毒の応急処置に有効とされています。
不快な事も多いですが、紫陽花や雨に濡れた苔や新緑の美しい時期です。
楽しみながら過ごしていきましょう。

次回は、ナチュラルケアをご紹介いたします。

 

Photo by Dakiny

 

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。