大人女子のためのWebメディア
検索
2018年07月20日更新

嫁・姑問題⋯こんなときどうしたらいいの?

嫁, 嫁姑問題, 悩む,
嫁・姑問題というのは、大昔からありますが、現代でも悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。
今回は、嫁・姑問題で悩んだときにはどうすればいいのか、嫁・姑問題への対処法をアドバイスしたいと思います。

そもそも、嫁・姑は仲良くなりにくいものだと割り切るべき

中には、実の母親以上に姑と仲がいい、という女性もいますが、そういったケースのほうが珍しいもの。
そもそも、嫁・姑は仲良くなりにくいものなのです。
それはなぜなのかを説明します。

「息子をとられた」という気持ちは、母親にはどうしても芽生えるもの

子離れしていない母親だったり、息子がマザコンだったりする場合は、姑が息子に執着するのは予想がつきますが、そうではない一般的な母・息子の場合でも、母親の立場としてはどうしても「息子をとられた」と思ってしまうものなのです。
手塩にかけて育ててきた息子が自分とは違う家庭を持つということ⋯それは、母親としてはうれしい気持ちもあれば、寂しい気持ちにもなるのは、当然といえば当然のことです。

他人同士なのだから、気が合うとは限らない

夫になる相手も、元は他人同士ですよね。
最初は気が合って結婚した二人でも、結婚してから色々なことが合わなくなって別れてしまった、ということは多々あります。
夫の母親ともなれば、気が合う・合わないということは関係なく、半強制的に関わりを持たなくてはなりません。
これでは、気が合うとは限らないですし、むしろ気が合わなくても不思議はありません。
好きな人の母親でも、気が合うとは限らないのです。

嫁・姑問題が起きる原因はこんなところにある可能性も

意外なところに嫁・姑の問題、分かりやすく言えば、不仲の原因がある場合もあります。
今回は、2つの例をご紹介します。

姑の前での夫に対しての妻の態度

姑, 嫁・姑問題,
姑の前でも、夫に対してはいつもどおりの態度で接している女性も多いのではないでしょうか。
それが、姑との不仲の原因につながっている場合もあります。
姑の前で夫に対して偉そうに振る舞っていたり、夫を呼び捨てにしたりしている場合は、姑の前では態度を改めたほうがいいでしょう。
「えっ、呼び捨てするぐらいで?」と思うかもしれませんが、姑からすれば、自分の息子が嫁に呼び捨てにされていることは、気分がよくないことでもあるのです。
夫のことは、姑の前では「さん」付けで呼ぶほうが無難です。

「常に男性を立てるべき」というのは古い考え方かもしれませんが、夫の母親の前でぐらいは、夫を立てるように心がけたほうがいいでしょう。
たとえいつもの夫婦のスタイルがそうであっても、姑からしてみれば「息子は嫁に大切にしてもらえていないのでは?」と不安を抱いてしまいかねません。

不仲の原因は夫にある場合も…

嫁・姑問題, 夫婦
「おふくろがお前のことを悪く言っていた」などと夫が言ってくる場合は要注意。
その場合、夫は姑にも「妻がおふくろのことを悪く言っていた」などと言っている可能性が高いです。
こういった男性は、悪気はなくても無意識のうちに嫁と姑の仲を悪くさせています。
仮に姑が本当に嫁の悪口を言っていたとしても、自分の息子に対してなのですから、少しの愚痴ぐらいはこぼすこともあるでしょう。
それを隠さずに、妻にそのまま伝えてしまうというのは、夫が不仲の原因になっています。

また、こういうタイプの夫には不用意に姑への不満を口にしないよう注意しましょう。

結局、嫁・姑問題はどうすればいいの?

では、嫁・姑問題を解決するためには具体的にどうすればいいのかを考えてみましょう。

どうしても不仲なら…なるべく関わらないようにする

お中元, お歳暮, お祝い,
どうしても姑と気が合わない、関わっていると嫌な思いをする、不仲⋯そんな場合は、なるべく関わらないようにしてもいいかもしれません。
もちろん必要最低限の礼節を欠いてはいけませんが、遠方に住んでいるのであれば、なるべく会わないようにするのも一つの対処法です。
夫は自分の母親には会いたいでしょうから、帰省する際は夫だけ帰省してもらう、子どもがいるなら顔を見せてあげたいという気持ちはあるかと思いますので、ある程度大きくなったら子供だけが義実家に遊びに行くというのも一つの手です。

「それは感じが悪すぎる」と思うかもしれませんが、無理に姑と会って、会う度にお互い嫌な思いをして、一生不仲のままだった、というよりも、その方がお互いのためかもしれません。
どうしても相性が悪いのであれば、何かのお祝いや、お中元・お歳暮などのやりとりはして、きちんとお礼とお返しだけはする。その程度の付き合いにしてみてはどうでしょうか。

近距離・同居している場合は、物理的に距離をとることを考える

姑と近距離に住んでいたり、義実家で姑と同居しているという場合もありますよね。
それが自分にとって苦痛でしかないのであれば、姑と物理的に離れて距離をとることを考えてみましょう。

まずは夫に、姑と近くに住みたくない・別に住みたいといったことを冷静に伝えましょう。
ここで気をつけたいのは、一方的に「あなたのお母さんが悪い!」という言い方をしないということです。
実際に何か直接的な嫌がらせを姑に受けているのであれば、録音や録画で証拠を集め、はっきりとその証拠を出したほうがいいです。
ただ単に姑のことを責める言い方で夫に不満を伝えても、問題はまず解決しません。
自分の母親のことを悪く言われて、素直に受け入れることができる男性は、めったにいないものです。

まとめ

結婚は家同士のものとはいわれていますが、姑と家族になりたいから結婚したわけではなく、好きな男性と結婚したいから結婚した、という人が大半のはず。
姑のことに関して、何を相談しても夫が聞く耳を持ってくれない、姑の味方ばかりする⋯ということであれば、嫁としては立場も居場所もなくなってしまい、辛くなってしまうものですよね。
嫁・姑問題に悩んだときは、本当に姑のことだけで悩んでいるのか?夫の言動・行動にも原因があって悩まされているのか?ということも整理して、解決方法を考えてみるといいでしょう。


written by 大久保 舞


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

アラサー子持ち既婚者。恋愛コラムニスト・ライターとして、さまざまなWeb媒体で記事を執筆中。自分自身が恋愛、ひいては人生で悩み続けながら生きているからこそ、女性が本当の意味で恋愛・結婚において幸せになるためのコラムを執筆することをモットーとしている。 twitter:@ookubo_mai
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。