大人女子のためのWebメディア
検索

「転職活動する気力はないけど転職したい」30代女性の転職の現実とは

転職, 転職活動, キャリアウーマン, 仕事,
「いつか転職したいけど、今は仕事が忙しくて求人を見る時間もない」と転職活動を先延ばしにしてしまっている人も多いのではないでしょうか。
30代になると、責任の大きな仕事を任されることも多く、転職について考える余裕もないと感じるケースもあるでしょう。

 

今回は、「いつか転職したい」と考えている30代の女性向けに、女性の転職市場の現実についてお話致します。

30代女性の転職の現実1. 働き方をトーンダウンしたい→事務職・アシスタント職は非正規ばかり

OL, 会社員, 事務, 仕事
総合職で働いている女性が、残業やノルマに耐えかねて、トーンダウンした働き方を志望するケースは少なくありません。
ただし、事務職やアシスタント系の職種に30代から正社員として転職することはかなりハードルが高いと考えておいた方が良いでしょう。

 

事務職・アシスタント職は、現代では派遣や契約社員でまかなうことができる職種です。
そういった職をあえて正社員で募集するこということは、「事務職として育てていきたい」という意思がある企業に限られ、これから育てていくなら、やはり若い20代の人材をとりたいと考えるのが自然だからです。

30代女性の転職の現実2. 一度非正規雇用になると、正規雇用になるのは難しい

女性の場合、非正規職の募集は多いので、「とりあえず今は非正規の仕事で、後から正社員の仕事を探せばいい」と考えがちですが、一度非正規になってしまったら、その後正社員に戻ることは難しくなります。

 

非正規雇用で働くことは、時間的に融通が効く、自由な働き方が選べるといった利点があります。
しかし、産休・育休がとれない、雇用が不安定、スキルアップが難しい、雑用ばかりでやりがいが感じられない場合がある、などデメリットも多数あります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。 Grappsでは、恋愛で躓いている女性が「こんな考え方もあるんだ!」「こんな人もいるんだ」と、前向きになれるような記事を書いていきたいです。ご意見・ご感想はTwitter@imakitakonまで♪