大人女子のためのWebメディア
検索
2018年01月27日更新

英語ひとくちメモ『Just married!』

カリフォルニア在住ライター夏来 潤がカリフォルニアの現地の生活や習慣をいろんなアングルでお伝えします。 さて、今日のお題は、Just married! We are just married を略したもので、わたしたち、結婚しました!

新婚のお友達にカードを買おうと、サンフランシスコのグリーティングカード屋さんに立ち寄ったのですが、そこで、まあ、びっくり!

こんな結婚祝いのカードがあったんです!

justmarried3 

そう、ご結婚なさるのは、男性ふたり。

 

黄色いバラを胸ポケットにおさめたスーツが2着、パリッとハンガーにかかっています。(よく見ると、スーツの柄がちょっとずつ違ってるんですよ!)

表のメッセージは、

On Your Wedding Day(あなた方のご結婚の日に)

 

カードの中には、

Wishing you a wonderful day and a lifetime of love and happiness

素晴らしい一日と、末永い(一生涯の)愛と幸福を願っております

と、素敵なメッセージが書かれています。

justmarried4 

そして、こちらは、女性ふたりの結婚式!

表には、Mrs. & Mrs.(ミセスとミセス)と書かれています。

普通、夫婦には Mr. & Mrs.(ミスターとミセス)という表現を使いますが、ふたりとも女性なので、ミセスとミセス。

ウェディングヴェールがふたつ並んで、とってもかわいらしいですよね!

 

カードを三枚、お店のカウンターに差し出したんですが、店員さんが、こう尋ねるんですよ。

「これって、女性ふたり用だって、お気づきになっています?」って。

もちろん、こちらは承知しているので、「あんまりステキだから、将来に備えて、買っておこうと思って(I thought it’s so cool, and just wanted to buy it in advance)」と答えておきました。

 

なんでも、「女性ふたり」とか「男性ふたり」と気づかずに買って、返品しに来るお客さんもいるから、事前に確認しておこうと思ったんだそうです!

ふ~ん、サンフランシスコは、女性同士、男性同士のカップルが多いことで有名な街なのに、気づかないで、買っちゃう人がいるのかなぁ?


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

1980年サンフランシスコに渡米して以来、おもにカリフォルニアで暮らしています。1995年からテクノロジーの発信地「シリコンバレー」に住み、『シリコンバレーナウ』というコーナーで十数年にわたってハイテク情報を発信するかたわら、アメリカの日常生活をご紹介するウェブサイト『夏来 潤のページ』を運営して、現地の生活や習慣をいろんなアングルでお伝えしています。 夏来 潤のページ:http://www.natsukijun.com/ シリコンバレーナウ:http://www.natsukijun.com/svnow/ ラジオ出演: FM東京『Blue Ocean』、JFN『Flowers』、NHKラジオ第一『ちきゅうラジオ』
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。