大人女子のためのWebメディア
検索

円安なのに海外旅行!? 円安でもオススメできる狙い目スポット3選

他の通貨に対して円の価値が低くなるため、海外旅行が割高だと感じる円安時代。 旅費が高くなる海外よりも、国内旅行へ興味を向けがちですが、円安でも現地でのコストパフォーマンスが高く、日本からのアクセスが良い、上質な旅をお得に楽しめるスポットがまだまだあります。今回は、世界中を旅するTravelzooのDeal Expertが選んだが、円安でもオススメする海外の穴場スポット3都市を紹介します。
他の通貨に対して円の価値が低くなるため、海外旅行が割高だと感じる円安時代。
旅費が高くなる海外よりも、国内旅行へ興味を向けがちですが、円安でも現地でのコストパフォーマンスが高く、日本からのアクセスが良い、上質な旅をお得に楽しめるスポットがまだまだあります。
今回は、世界中を旅するTravelzooのDeal Expertが選んだが、円安でもオススメする海外の穴場スポット3都市を紹介します。

タイ/バンコク

円安で旅行したい国3

タイ/バンコク イメージ
 

【厳選理由】

フライト、ホテルともに選択肢の多彩さは東南アジア随一。

円安でも、現地の物価は日本の3~4分の1なので、屋台などを利用すれば300円くらいで美味しいご飯がお腹いっぱい食べられます。

 

【楽しみ方】
フライトはLCCからフルサービスキャリア(乗継、直行便)までさまざまあります。また、宿泊先もバックパッカーの聖地カオサン通りにあるゲストハウスから5つ星ホテルまで、ホテルの立地もリバーサイドからシティ中心まで広範囲にあるため、好みに合わせたフライトと宿泊先の組み合わせは無限に広がります。

それに加え、寺院などの観光資源もあると同時に、郊外へのアクセスも良く、スパやショッピングなどアクティビティも豊富なので、友人、恋人、親子、家族、グループなど、どんなニーズにも応えられる度量のあるデスティネーションです。

【オススメ旅程】
フライトは、仕事帰りの深夜、羽田発の直行便がオススメ。バンコクに着いた後、まずは5つ星ホテルの朝食やタイマッサージでリフレッシュ。

チェックイン後、日の高い時間はホテルのプールでのんびり。夕方前にホテルを出て、寺院をのぞむルーフトップバーでサンセットを堪能し、夜はタイ料理のディナーへ。バンコクだけなら、2泊4日に亘る短期間の滞在でも非日常を味わえます。

 

ベトナム/ダナン

円安で旅行したい国2

ベトナム/ダナン イメージ
 

【厳選理由】

FIT(個人旅行)の注目度が高まる中、ツアーのお得度が高いのがベトナム。昨年頃から日系航空会社のツアーがぐっとリーズナブルになり、日系航空会社を利用するFITを計画するなら、ツアーの方がお得でよりオススメです。

特に、ゆっくりリゾート旅行を満喫したい人には、直行便が就航したばかりのダナンがイチオシ。

タイ同様、現地の物価は日本の3~4分の1で、ビールもマッサージも東南アジア随一の安さです。

【楽しみ方】
ダナンでは、ビーチそばのリゾートステイが断然オススメ。プーケットやバリ島ほどまだ観光地化していないのにも関わらず、大手ホテルチェーンが進出しており、ホテルステイの質が担保されています。

ダナンを起点に、ホイアンやフエなどの世界遺産のある街へ日帰り旅行することも可能です。

【オススメ旅程】
ダナンで、デラックスリゾートホテルに宿泊。旅行の中日でホイアンまたはフエへ日帰り旅行し、ベトナムらしい風景を堪能。

マレーシア/クアラルンプール

円安で旅行したい国

マレーシア/クアラルンプール イメージ
 

【厳選理由】

旅行コストが断然低いのが特徴。LCCや現地の航空会社はもちろん、今夏より新規に直行便を就航する日系航空会社もあるので、日本からのアクセスがさらに良くなるところも利点です。

また、世界展開する5つ星ホテルグループに格安で宿泊できることがクアラルンプールの魅力です。

【楽しみ方】
フライトは希望に合わせてLCCでもフルサービスキャリアでも選ぶことが可能。5つ星ホテルで、とにかくホテルステイを満喫したい人にとって、クアラルンプールは一歩リードする都市です。

【オススメ旅程】
「世界中で展開する有名5つ星ホテルブランドに世界一安く泊まれるのがクアラルンプール」というのが「高級ホテルファン」の間では定説となっています。
例えば、都内にある某外資ブランドの5つ星ホテルに宿泊しようとすると1泊1室あたり6万円台。
アジアの他の国でも3~4万円台が相場のところクアラルンプールではなんと1泊1室あたり1万円台で宿泊が可能。
もちろん5つ星と評価されているので、他のエリアの施設と差はありません。
しかしツアーで同ホテルを予約すると7万円以上するため、ベトナムとは対照的にFIT(個人旅行)での旅行の方がお得です。

「Travelzoo (トラベルズー)」 ( URL;http://www.travelzoo.co.jp


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。