大人女子のためのWebメディア
検索
2015年04月19日更新

約4割の日本女性は自分に自信があり、そのための努力もしていると判明

突然ですが、みなさんは自分に自信がありますか? 今回は、「maico」の調査から女性が自信を保つために必要なことを紹介いたします。 約4割の日本女性は自分に自信があると判明。 自分自身に対して自信があるかどうかを聞いたところ、下記のように回答しました。自信は、何もせずにつくものでも、周囲から与えてもらうのを待つものでもありません。女性が自信を持つために必要なことは、みずから行動することです。

みなさんは自分に自信がありますか

突然ですが、みなさんは自分に自信がありますか?

今回は、「maico」の調査から女性が自信を保つために必要なことを紹介いたします。

 

約4割の日本女性は自分に自信があると判明。

みなさんは自分に自信がありますか1

 

自分自身に対して自信があるかどうかを聞いたところ、下記のように回答しました。

38.8%の女性が「ある」(「ある」+「どちらかといえばある」)

61.2%の女性が「ない」(「どちらかといえばない」+「ない」)

 

実に4割近くの女性が“自分に自信がある”ということがわかりました。

 

 

自信がある女性の8割は努力をしている。

 


自信をつけるための努力をしているかについては、自信がある女性の79.1%が「努力をしている」と回答しました。

みなさんは自分に自信がありますか2

さらに、誰かからほめられることで“自信”がもてるかどうかを聞くと、自信がある女性の94.0%、自信がない女性の68.2%が「ある」(「ある」+「どちらかといえばある」)と回答しました。

みなさんは自分に自信がありますか3

 

具体的に自信があるところは「仕事の出来」や「肌」

 

自分に自信がある女性に対し、具体的にどのような部分について自信があるかを聞くと、

「仕事の出来」(29.9%)

「肌」(29.9%)が一番多く

次に「顔の作り」(27.2%)

「容姿全体」(26.2%)と続きました。

 

一番多かった「仕事の出来」と「肌」に対し、自信があると思う理由を自由回答で聞いたところ、「仕事の出来」(有効回答数:68件)については「周りにほめられたことが多いから」「上司の評価が高い」「年次の割によくできていると上司にほめられる」といった“第3者からほめられたから自信につながっている”という内容がおよそ3割を占め、ほかには「昇進が早い」、「それなりの役職についていて、仕事でミスすることが滅多にないから」といった回答がみられました。

 

「肌」(有効回答数:61件)についても、「何を使っているのか美容部員からも聞かれる」「男女問わず、綺麗だと言われるから」「人からほめられることがよくあるから」など、「仕事の出来」と同じく“第3者からほめられたから自信につながっている”という内容が4割以上を占めました。

他には、「手入れをしっかりしているから」、「お金をかけているから」など“努力が自信につながっている”という回答が目立ちました。

 

以上から、「自分に自信がある」と言える女性は、そのための努力を怠らず、その努力による成果が第3者からの賞賛にもつながっているという好循環な状態を築いていることが推察されます。

また、「日本人女性は奥ゆかしく謙虚であるため表立って“自信がある”とは言わない(言えない)」と思われていた中で、努力をしている自分に対して胸を張って「自信がある」と言える風潮がこの社会に出来上がりつつある、ということもこの調査から読み取れます。

 

自信がないのは「容姿」や「スタイル」、「顔の作り」など“外見”が多数

 

一方で、自信がない女性に対し具体的にどのようなところに自信がないかを聞きました。

「容姿全体」(69.5%)

「スタイル」(50.6%)

「顔の作り」(45.2%)

と“外見”まわりの回答が多く、それ以外では「料理の腕」(39.5%)、「性格」(37.8%)などが挙げられました。

 

それぞれの項目に対し、自信が持てない理由として多く挙げられたのは、

「周りと比べて劣っていると思うから」

「自分自身がこの項目に対して満足していないから」

といった主観的な回答でしたが、「料理の腕」や「整理整頓」、「その他家事」に関しては「あまり好きではないから」という回答が目立ちました。

また、どの項目に対しても「胸を張って自信があるとは言いづらいから」という、日本人ならではともいえる“奥ゆかしさ”や“謙虚さ”は1~2割程度と、あまり多くはありませんでした。

以上の結果から、「自分に自信がない」原因が“主観的”なものであることが明らかになっていますが、その一方でグラフ3にもある通り約7割の「自信のない女性」たちは人からほめられることで自信がもてる、と回答していることから、第3者からの意見が「自信」に与える影響の大きさが浮き彫りになりました。

 

 

外見や性格でほめられて自信につながるのは「恋人・夫」よりも「女友達」!

 

最後に、グラフ3で「誰かからほめられたら自信がもてる」と回答した“自分に自信がない女性”に対して、誰にほめられたら自信がもてるかを項目別に聞くと、料理など家事系は「恋人・夫」が、仕事や頭の良さは「上司や同僚」が一番多い中で、外見まわりや性格については「女友達」が一番多い結果となりました。

また、同じく外見まわりや性格については「男友達」も3~5割と意外に多く、同性であっても異性であっても「友達」からほめられると、それが自信につながるということがわかりました(グラフ7)。

 

「自分に自信のある女性」はそのための努力をし、かつ第3者からもほめられているという実態からもわかる通り、「自分自身の努力」の加え、「ほめられる」という他者からのアクションも女性の自信に多いに寄与しているということが今回の調査で明らかになりました。
こうした結果に対して、「All About」の「恋愛」ガイド・吉戸 三貴氏は次のように考察しています。

 

All About「恋愛」ガイド 吉戸 三貴(よしど みき)氏の考察

 

日本人の女性が自信を持ちにくいのは、長い間、謙虚で控えめであることが美徳とされてきたからだと思います。

実際、自信があると思われると、自己主張が強い、自意識過剰だと誤解されることも多かったのではないでしょうか。
今回の調査で「自分に自信がある」と回答した女性が4割、というのは想像以上の数字でした。これは、働く女性が増え、海外からの情報も簡単に手に入るようになったことで、自分の頑張りを素直に認めたり、目標達成までのプロセスを楽しんだりできる人が増えてきたからだと考えられます。

自分に自信がある女性は、ない人に比べて「自信をつけるための努力」をしている割合が高いという結果も出ています。

努力によって自分を信じる軸が生まれると、それが周囲からの賞賛につながり、さらなる自信が生み出されるという良い循環が感じられます。

自信は、何もせずにつくものでも、周囲から与えてもらうのを待つものでもありません。女性が自信を持つために必要なことは、みずから行動することです。

まずはできることから努力する、率先して人をほめる、ほめられたら「ありがとう」と素直に受け取る、この3点を意識するだけでも、自分自身の気持ちや周囲の反応に変化が起きるのではないかと思います。

 

吉戸 三貴氏 (ガイドプロフィール: http://allabout.co.jp/gm/gp/1465/ )
コミュニケーションスタイリスト。極度の人見知りだったが、パリ留学を機に自分のコミュニケーションを徹底的に見直して克服。その後、沖縄美ら海水族館広報、PRプランナーなどを経て起業。企業のPRやアーティストのブランディング、個人の悩み相談まで様々なコミュニケーション課題の解決をサポートしている。

参考:「maico」 URL: http://maico.maihada.jp/

オールアバウト URL: http://corp.allabout.co.jp/

コーセープロビジョン URL: http://shop.maihada.jp/


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。