大人女子のためのWebメディア
検索

いつでもキレイが続くお部屋にするために、知っておきたい10のこと。

いつでも部屋をキレイに保っておきたいけれど、忙しい毎日を過ごしているとなかなか片付ける時間もゆっくりとれないもの。そんなとき、手間をかけずに部屋がキレイに保てたらと思ったことはありませんか? 片付けなくてもキレイに保つ方法、キレイに見せる方法を知っていれば、片付ける時間がないときでも大助かりです。時間がない!

いつでも部屋をキレイに保っておきたいけれど、忙しい毎日を過ごしているとなかなか片付ける時間もゆっくりとれないもの。そんなとき、手間をかけずに部屋がキレイに保てたらと思ったことはありませんか?

片付けなくてもキレイに保つ方法、キレイに見せる方法を知っていれば、片付ける時間がないときでも大助かりです。時間がない! を言い訳にしなくていいような、いつもキレイに見せるための部屋のつくり方をご紹介します。

 

いつでも来客OK!慌てて片付けなくてもキレイな部屋作り

 

 

imasia_7053435_M-500x333

ちょっとお茶でもという時でも人が来るとなると慌てて片付けすると言う人多いのではないでしょうか? 特に汚れているわけでもないのに、何となく慌ててしまいますよね。ゆっくり片付ける時間があれば、いつもキレイに保てるのにと時間のせいにしてませんか?

キレイに見える部屋作りにはコツがあります。色やレイアウトを変えるだけで、お部屋はグッと片付いて見えるもの。急な来客にも慌てず、気軽に「お茶でもどうぞ」のセリフが言えるようになるでしょう。

掃除をしない、手抜きをするというわけでありません、ちょっとした工夫、コツをつかむことが大切。そんな方法をいくつか知っておくと便利ですよ。

 

 

いつでもキレイが続く部屋の作り方10選

 

 

1: 家具と壁の色を揃える

 12221935513_d956cbe672_z-500x359
photo by outreachr.com

色がバラバラだとその分なんだか、散らかっている印象を与えてしまいます。壁と家具の色を揃えておくだけで、広い面積の色が落ち着くので、スッキリ見えます。

色を使うのはポイントで。面積があるものに関しては、色を揃えるのが基本です。落ち着いた色を選ぶのもさらにキレイを保つ方法です。
 

2:背の高い家具を置かない

imasia_14206537_M-500x333

背の高い家具は圧迫感があります。それだけでなんだか窮屈に見えるので、おすすめしません。背が低い家具で、壁が見える広々とした空間を保ちましょう。

 

3:濃い色よりも淡い色

12221757635_f1ddeb72eb_z-500x284
photo by outreachr.com

スッキリ見えるのは濃い色より、淡い色です。濃い色は目に入ってくるインパクトも強いので、同じものが置いてあっても淡い色よりも目立ちます。目立つ=目に付くとなって、視界に余計なものとして映ってしまう可能性も。なるべく淡い色で優しいイメージを作り出してみましょう。

 

4:ベストは白で統一

10423843793_2b3fc5ccef_z-500x355
photo by Wicker Paradise

白は汚れが目立つなんて気になってしまう人も多いかもしれませんが、キレイに見せるには白が一番です。部屋がより広く見えるのも白。場所を取るものや大きいもの等なるべく白で統一しましょう。背の高いものも白が一番まとまって見えるので、試しにチャレンジしてみてください。

 

5:部屋の中に「見せ場」を作る

172001213_76dda7f3ec_o
photo by Karen

見せ場というのは、自然に視線が引き寄せられるポイントです。たとえば、部屋に入った瞬間に何に目が行きますか? 入ってすぐに目に入るもの、座ってくつろいでいる時に目に入ってくるもの、目が行ってしまう場所を1~2ヶ所ピックアップしましょう。

あちこち気になる!という人も1~2ヶ所にポイントを絞ってください。視線が引き寄せられるポイントにものを置かない、そうすると、すっきりとした印象を与えることになります。置くのであれば、スッキリ見えるディスプレイを心がけてみましょう。

 

6:視線の高さを確認する

15456643572_0cd0672b49_z-500x333
photo by George Rex

たとえばリビングでくつろぐとき、どこに座っていますか?ソファー、床、椅子、いろいろあると思います。視線の高さよりも上に見せ場が来てしまうと、圧迫感が出てきます。逆に低い位置に見せ場となるものが来ていると、ごちゃごちゃ散らかっているイメージにもなります。

いろいろモノを移動させて、座った位置から何がどう見えるのか、いろいろと研究して、一番くつろげる配置を見つけましょう。部屋によって、座る場所によっていろいろ変わってきて面白いですよ。

 

7:グリーンを置く

104304527_31fcba57c5_z-500x375
photo by Shannon Holman

グリーンがあるとそれだけで心が癒される気分になります。ちょっと飾っているだけで気分が変わります。育てることで、グリーンが一番美しく見える方法などを研究するようになります。自然とキレイに見せる方法を身に付けるためにも、シンプルですがおすすめの方法です。

 

8: “一時置き”ができないお部屋にする

14670255144_314d630cf9_z-500x500
photo by Wicker Paradise

使用中のものを置けるスペースは作らないようにしておきましょう。ひょっとして「とりあえずボックス」みたいなものを作っている方もいらっしゃるかもしれません。あとで片付けるための“とりあえずの場所”として使っているアレです。結局これって一瞬片付いたように見えても見えないようにしているだけで、片付いてはいないんですよね。

一時置きをするタイプの人は、それを片付けずそのままにする傾向が強いです。であれば最初から一時置き用の場所を作らないほうが、最後まで片付けるクセが付きます。方法というよりクセを身につけることも大切です。

 

9: ディスプレイは少なめに

4560434959_2478da94ef_z-500x334
photo by Callie Reed

小物や雑貨は自分の好みを演出できて楽しくなるものですが、増えすぎるとごちゃごちゃした印象になります。なるべく少なめにして、スッキリとしたレイアウトにするよう心がけましょう。

どうしても飾りたいものがたくさんある場合は、ディスプレイする場所を決めておき、置くものをローテーションにするという手もおすすめです。見るものが変わるだけで、理想のレイアウトを保ったままのキレイな状態が続きます。

 

10:大きめの家具でひとまとめ

2612156023_9fd4923968_z-500x394
photo by Mazzali

家具はなるべく大きめのものをひとつだけ置いてそこに集中させるというのもおすすめです。部屋に入った時に目線を引き付けるポイントにもなり、部屋のイメージを引き締める効果もあります。

大きい家具は邪魔になりそうなイメージがありますが、意外とこの方法は、キレイをずっと保つのに効果的です。思い切って大きめサイズの家具を置いてみてはいかがですか? 視線、視界が変わるのがわかると思います。

 

 

部屋をキレイに保つのはほんのちょっとの工夫

 

 

片付ける時間と体力があれば、いつでも部屋はきれいに保てるけど、なかなかできないものですよね。そんなときはちょっとした工夫で、きれいに保つ方法に頼ってみるのも悪くありません。そして、ちょっとしたコツをつかむと、自分なりの方法も見つかってくると思います。まずは、ここにあげた方法を1つでも試してみてください。意外な発見があるかもしれません。

キレイな部屋ならいつでも人が呼べますよね。もちろん、時間があるときは、きちんと片付けをすることも忘れずに。

出典:eA[イーエ]住まいとの新しいつきあい方を考えるWEBマガジン


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

《eA[イーエ]》は、リノベーションの「リノベる。」が運営する住まいと暮らしのWEBマガジン。「旧世代の住まい観をアップデートしよう」をテーマに、住まいのコラムやリアルなお部屋紹介、著名人インタビューなどさまざまな記事をお届けしています。HP:http://www.renoveru.jp/mag/ facebook:magazine.eA twitter:@ea_mag
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。