大人女子のためのWebメディア
検索

職歴以外で面接で好印象を与えるポイント3選!転職編

転職の場合、社会人経験があるとは言っても、面接はやはり緊張します。職歴やスキルのアピールの方法などは、本やネットでも多くの情報があるので、今回はほかの角度から、面接で良い印象を持ってもらえるポイントを集めてみました。不採用はがっかりしますが、スキルや人柄が充分でも、職場の雰囲気とマッチしていなかっただけかもしれません。

面接で好印象を与える方法

転職の場合、社会人経験があるとは言っても、面接はやはり緊張します。

職歴やスキルのアピールの方法などは、本やネットでも多くの情報があるので、今回はほかの角度から、面接で良い印象を持ってもらえるポイントを集めてみました。

 

1、見学に行くくらいの気持ちで

 

企業が人物を選ぶように、求職する側も「選ぶ」という気持ちを持ってはどうでしょうか。もちろん、あまりに選り好みは良くないですが、面接は職場の雰囲気も見ることのできる貴重な機会です。

自分で「選ぶ」という気持ちだと、人それぞれに、色々と面接先について知りたいことも出てくるのではと思います。

そうなると「何か質問はありますか?」と聞かれた時にも「特にありません」ではなく、真剣に聞きたいことを質問することもあるでしょう。

企業からの一方通行な面接よりも、印象に残りそうですね。

 

2、笑顔!

 

笑顔はもちろん大事ですが「笑顔」は思っている以上に好印象のようです。

面接では緊張して笑うどころではないですし、無理をすることはありませんが、最初の挨拶の時や話の途中など、何かの際にぱっと明るい笑顔が出ると、印象が強く残るみたいです。

 

3、会社の社風と自分の雰囲気を合わせていく

 

人事担当者の考える採用のポイントとして、このようなこともあります。

「今、職場にいるメンバーと仲良くなれそうか」
「仕事をしている姿のイメージを浮かべた時に、自然か不自然かどうか」

また、業種などでも違いはありますが、落ち着いた人、元気な人など職場の雰囲気に合う人が求められることも多いようです。

ですので予め、面接を受ける会社の雰囲気や求める人材をチェックしてイメージしていきましょう。

自分がどんな雰囲気なのか、周囲にアドバイス貰っても良いですね。

 

不採用になるとがっかりしますが、スキルや人柄などが充分でも、職場の雰囲気とマッチしていなかっただけかもしれません。

ベストは、自然体な自分を受け入れてくれる会社に受かることです。

頑張って下さい!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。