大人女子のためのWebメディア
検索

働く女性が「職業病」を感じた瞬間とは

社会人経験が長いと、就業後や休日に職業病が出てしまうことってありませんか?先日、コンビニで「ありがとうございました!」と一緒に言っているお客さんを見つけました。さて、今回は、株式会社キャリアデザインセンターが調査した職業病についてのWebアンケートを紹介いたします。
職業病について
社会人経験が長いと、就業後や休日に職業病が出てしまうことってありませんか?先日、コンビニで「ありがとうございました!」と一緒に言っているお客さんを見つけました。
さて、今回は、株式会社キャリアデザインセンターが調査した職業病についてのWebアンケートを紹介いたします。

 

「職業病」を感じた瞬間

 日常生活を送る中で、つい仕事目線で物事をチェックしてしまったり、勤務中の習慣やクセがうっかり出てしまったり……。

世の働く女性たちはどのくらい職業病を感じているのでしょうか。

そこで「社会人になってから『職業病だな』と感じたことがありますか?」と質問をしたところ、7割近くの人が「ある」と回答しました。

 

その仕事ならではの「職業病」

そこで、「職業病」を感じたときのシチュエーションを聞いてみました。

【営業職:みんな顧客に見える】
お客さま層を見かけると、つい声を掛けたくなります」(36歳/スクールマネジャー)
「合コンや何かのきっかけで誰かと知り合うたびに、相手が『自分の会社の製品を買ってくれるお客さんになりそうかどうか』を考えてしまう」(27歳/営業)

 

【サービス業:どうしても見過ごせない】
「料理の仕事なので、外食に行っても料理の見た目や味付け、厨房の裏側、サービスが常に気になる」(36歳/調理)
「街中を行き交う人々の体のラインを、無意識に見てしまう」(24歳/エステティシャン)

 

【不動産業:物件・土地が無視できない】
「外観が綺麗で空いているお部屋を見つけると、中に入って写真撮影をしたくなる」(38歳/不動産営業)
「マンションを見ると、値段や維持費を試算してしまう」(26歳/不動産関連)

 

【クリエイター:そこチェックするの?】
「広告業なので、雑誌を読んでいても、広告ページの出来や、クライアントの競合などを考えながら読んでしまう」(31歳/マーケティング)
「ホームページを見るとソースコードを見たくなる」(33歳/Webディレクター)

 

【アパレル関連:気楽にお買物ができない】
「洋服屋で商品を広げて見た後に、綺麗にたたんで元に戻す」(37歳/接客・販売)
「価格と縫製などの作りを瞬時に考えてしまうこと」(33歳/アパレルデザイナー)

 

 【その他:染み付いた習性】
昼食は5分で食べます」(37歳/保育士)
「ピンポンのコールが空耳で聞こえる」(35歳/介護ヘルパー)

 

“あるある”な職業病がたくさん寄せられました。オフタイムなのに、ついお仕事モードが出てしまうというのは、それだけ普段の仕事に真剣に取り組んでいる証とも言えそうです。

 

>>>その他の働く女性向けアンケートの結果はこちらから
( http://womantype.jp/category/web/voice?prt  )

【アンケート調査概要】
●調査方法:転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員およびWebマガジン『Woman type』サイト読者へのWebアンケート
●調査期間:2015年4月16日~20日
●有効回答者数:214名
●参照元記事: http://womantype.jp/mag/archives/57097?prt


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。