大人女子のためのWebメディア
検索
2015年07月17日更新

制汗剤は体に悪影響?汗ばむ季節をさわやかに!アロマをつかった汗対策のすすめ

連日厳しい暑さが続いてますが、汗をかくと臭いが気になりますね。 特に気になるのは脇ですが、制汗剤の中には、乳がんリスクを増大させる可能性のあるアルミニウム塩類を含むものがあるので、安心して使用できるものを選びましょう。自分で作れるアロマを使った制汗剤が安心でおすすめです。お好みの質感、香りにアレンジ出来ますよ。

アロマで制汗剤

 連日厳しい暑さが続いてますが、汗をかくと臭いが気になりますね。

特に気になるのは脇ですが、制汗剤の中には、乳がんリスクを増大させる可能性のあるアルミニウム塩類を含むものがあるので、安心して使用できるものを選びましょう。

自分で作れるアロマを使った制汗剤が安心でおすすめです。手作りなので、お好みの質感、香りにアレンジ出来ますよ。

 

制汗・消臭におススメのアロマエッセンシャルオイル

サイプレス、ペパーミント、レモングラス、ベルガモット、ティートリー、ラベンダー

 

制汗ボディーパウダー

ボールに無香料のベビーパウダー、またはコーンスターチ、シルクパウダーなどを大さじ3用意し、お好みのアロマオイルを合計5~10滴加えます。良く混ぜてから、容器に移します。2~3日おいてなじませてから使用します。

※パウダー状なので保湿効果があり、汗でべたついた肌をサラっとさせてくれます。

※シルクパウダーは、アレルギー反応をおこさないよう、パッチテストを行いましょう。

 

重曹スプレー

料理や掃除に使用される重曹は消臭効果があるので、制汗・消臭剤としても使用できます。

ビーカーや注ぎ口のある容器に重曹 小さじ1にお好みのアロマ 1~2滴を加え混ぜます。さらに水100mlを加え溶かし、遮光スプレー容器に入れます。

※2、3週間で使い切りましょう。

※首や脇に直接吹きかけて使用しますが、汗をかいた所にスプレーし、ふき取っても良いでしょう。外出先では、キッチンペーパーに湿らせておいたものを用意しておくと便利です。

※アロマオイルは、安全性が高く天然の成分を使用したほうが、香り・質ともに良いでしょう。重曹は、食用レベルのものを使用しましょう。

 

ローズウォーター

ローズウォーターを飲み続けると、人間が本来持っている、免疫力や治癒力を高めるので、体臭の改善効果があるとされています。殺菌力があるので、汗を拭いた後にスプレーすると雑菌の繁殖を防ぎ、汗臭さを抑えます。

ストレスで汗をかきやすい方は、リラックスを促すフラワーエッセンスを加えると効果的です。

 

夏は自分の臭いにも他人の臭いにも、とても敏感になりますよね。臭いで印象を悪くしないように気をつけましょう。

今回紹介したものはどれも簡単に作れるものです。さっそく作ってみませんか?

 


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。