大人女子のためのWebメディア
検索

セレブに学ぶ!マフラー(ストール)のおしゃれな巻き方とは?

冬の必需品といえば、マフラーやストールなどの首回りのアイテム。ただ、スタイリングによっては巻き方に悩むことも。そこでオシャレな着こなしをするセレブの取り入れ方に注目。マフラーの巻き方にフォーカスしてみましょう。マフラーの長さや大きさで、それぞれ違う表現ができます。自分なりにいろいろと試してみましょう。

冬の必需品といえば、マフラーやストールなどの首回りのアイテム。ただ、スタイリングによっては巻き方に悩むことも。そこでオシャレな着こなしをするセレブの取り入れ方に注目。マフラーの巻き方にフォーカスしてみましょう。

首にまとめてボリュームを出す

2重や3重に巻きつけることで、ボリューム感を演出。首元が暖かいだけでなく、小顔に見える効果もあります。

Photo:fashionlovers.biz

前後に流してアクセントに

軽く1重に巻いて、前と後ろに流すことでより印象強いスタイリングに仕上がります。カラーを明るいマフラーにすることで、よりアクセントの効果を発揮します。

Photo:fashionlovers.biz

肩にかけてエレガントスタイルに

大人スタイルなら、巻かずに肩にかけることでアクセサリー感覚のスタイリングが可能。薄手のストールなどでも応用ができるので、春先でも取り入れることができるコーディネート方法です。

Photo:fashionlovers.biz

広げるようにドレープをつける

大判のストールなら、広げて使用することでスタイリングの主役とすることもできます。柔らかく巻くことで、程よいドレープ感が魅力的なマフラーの取り入れ方です。

Photo:fashionlovers.biz

ベーシックなら1重巻き

長めのマフラーなら、1重だけ巻くだけのスタイルがベスト。

ボリューム感から、アクセントとしての役割など、バランスの取れたスタイリングが可能です。

Photo:fashionlovers.biz

自分らしい巻き方を試行錯誤してみましょう

マフラーの巻き方はルールがあるようで、自由です。

マフラーの長さや大きさで、それぞれ違う表現ができます。自分なりにいろいろと試してみましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

ロンドンでデザインアシスタントを経験後、インポートブランドのPR会社勤務を経てフリーのファッションライターへ。 ヨーロッパブランドを中心とした記事や、サンプルセールなどの情報を発信中。tokyosamplesale.com
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。