大人女子のためのWebメディア
検索

イメージするだけ!?掃除・片付けの苦手意識をなくす方法

最近では「綺麗好き男子」という言葉ができるほど、片付けや掃除にこだわりを持ち、得意とする男性が増えています。その反面、昔からの風習で未だに、片付けや掃除は女性がやるものという考えの男性も多くいますよね。女性であればみんな、片付けや掃除が得意、上手に出来て当たり前という勝手なイメージを持つ男性も。

最近では「綺麗好き男子」という言葉ができるほど、片付けや掃除にこだわりを持ち、得意とする男性が増えています。

その反面、昔からの風習で未だに、片付けや掃除は女性がやるものという考えの男性も多くいますよね。

女性であればみんな、片付けや掃除が得意、上手に出来て当たり前という勝手なイメージを持つ男性も。

しかし、女性でも片付けや掃除が苦手な人はいますし、上手に出来ないと悩む人も多くいるのが実情です。

「〜しないといけない」はNG

まず大切なのは「掃除をしないといけない」「片付けないといけない」という考え方を捨てること。

人間が生活していく上で、掃除や片付けは必要不可欠なので「しないといけない」ことではあるのですが、そういう考え方をしている人ほど苦手意識を持ちやすく「できない」人になってしまいがちです。

掃除や片付けに限らず、何事も「しないといけない」と思うと気が重くなるもの。

自ら「やりたい、したい」と思えることが重要です。

イメージが大切

掃除好きな人の中には、「掃除をする過程が好き」という人もいるかもしれませんが、「掃除後の爽快感」が好きな人の方が多いのではないでしょうか。

でも掃除が苦手な人だって、綺麗で、きちんと片付いている部屋が好きなのには変わりありませんよね。

掃除に対して苦手意識を持っていない人は「綺麗で片付いている部屋」になった時の爽快感を知っている人だから。

苦手な人は自分の部屋の「綺麗で片付いている部屋」をイメージするところから始めましょう。

ブロックごとに区切る

イメージが膨らめば、あとはそのイメージに近づけるだけ。

今のあなたの部屋と、頭の中でのあなたの部屋は、どこがどういう風に違いましたか?

物が散らかっていない部屋?ホコリやゴミが落ちていない部屋?それとも綺麗に整頓された棚?

物が散らかっていない部屋にするには、物をしまえばいいだけ。

ホコリやゴミが落ちていない部屋にするには、掃除機をかければいいだけ。

綺麗に整頓された棚にするには、いらない、使っていない物は捨てて、並び直せばいいだけ。

難しいことは何もないんです。

掃除の仕方は人それぞれ、マニュアルなんてありません。

気をつけたいのは3日坊主になってしまうこと。

一気にイメージ通りの部屋に近づけようとすると3日坊主になりやすいので、今日はここをイメージに近づけてみよう、明日はここを、と区切った方が長続きします。

掃除は定期的に、片付けは年に2回

ゴールがないのが掃除、1度掃除しただけでその綺麗な状態が永遠に続くことはありません。

ホコリなんかは人間が生活していなくても溜まっていくもの。

仕事であまり家にいなくても、あからさまに目に見えなくても、確実に溜まっていくのです。

健康のためにも、定期的に掃除するべきです。

逆に片付けは夏と冬の年に2回の整理で充分!

勝手に物が散らかることはありえないので、1度片付けてしまえば、そのまま綺麗な状態を保てるからです。

でも、それは次に使う時にあるべき場所にきちんと戻してあげていれば、の話です。

物が散らかってしまう、整理整頓したのにすぐぐちゃぐちゃになってしまう、というのは使ったあとで元々あった場所に戻さないからという理由以外ありえませんよね。

その都度、元に戻すということを心掛けるだけで、綺麗な部屋を保てます。

「置く」のではなく「飾る」

では、物が増えた場合は?

しまうスペースがあればいいのですが、ただでさえ収納スペースがいっぱいなのに物が増えたらしまう場所がなくなり、また部屋が散らかってしまいます。

ひとつ増えたならひとつ捨てるという方法が1番だとは思いますが、それができない人も多いと思います。

本当に必要ないもので収納スペースが埋まってしまっているなら今すぐ断捨離すべきですが、そうでない場合はインテリアにしてしまいましょう。

収納スペースができるまで、部屋に飾っておくわけです。

「置く」のではなく「飾る」のが重要。

入らないから置いてあるのではなく、部屋のインテリアとして飾ってある、ように見せましょう。

新しく増えたものを飾らなくても、すでに収納してあるものの方が、部屋のイメージに合うのであればそちらを飾ってもいいですよね。

 

掃除が苦手な人はいても、できない人はいません。

使ったら元に戻す、当たり前のことをするだけで見違える程キレイな部屋に。

何も全て綺麗に収納することだけが、片付けではありません。

1度に完璧にしようと思わなくていいんです。

イメージを膨らませて、そのイメージに近づいた時の嬉しさや爽快感を忘れずに。

自分のペースで少しづつ、綺麗で片付いている部屋を目指しましょう!

 

Written by tomo.


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

幼い頃から出版社に勤める父の影響で文章を書くこと、編集することに興味を持つ。スワロフスキー専門デコリスト、プライベートブランドのMDを経て、現在はライター兼エディター。3姉妹の末っ子、美容マニアで韓国好き。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。