大人女子のためのWebメディア
検索
2016年07月13日更新

トイレ掃除はもう考えない&頑張らない!綺麗なトイレをキープする方法

トイレ掃除をすると運気もアップ!とはよく聞きますが、どうしても億劫になりがち。便器の黒ずみや黄ばみ…床もできれば触りたくない!という人もいるのではないでしょうか。そこで、ここではもう頑張らなくて良いお掃除法についてご紹介します。

汚くなる前に掃除をして綺麗をキープする

Africa Studio/Shutterstock.com
 
via Africa Studio/Shutterstock.com
トイレが黒ずみや黄ばみなどで汚れると色々な洗剤や掃除道具が必要になってしまいます。
黒ずみにはこの洗剤、床は雑巾で…など、色々考えながら掃除するのは億劫ですが、汚れる前に掃除をしておけばそんなことを考える必要もなくなります。

できれば毎日掃除するのが理想的ですが、少しだけの汚れなら特別な掃除道具は無くても、トイレットペーパーだけ、ブラシだけで簡単にお手入れできますよね。
用を足しながらトイレットペーパーホルダーの上のホコリをティッシュで拭う、タオルを変える時にタンク上をさっと拭くなど、汚くなる前なら抵抗なくササッと掃除することができます。

今日は床だけ、今日は手洗い場だけなど、毎日1か所でも掃除をしていれば綺麗な状態をキープできます。

要らないものは置かないという方法

Africa Studio/Shutterstock.com
 
via Africa Studio/Shutterstock.com
トイレマットや便座カバーは本当に必要ですか?
最近は、お掃除のしやすさを考えて便座や蓋のカバー、マット、トイレットペーパーのホルダーなどのマット類を使っていないご家庭も多いようです。

マット類をどかして拭く手間や、洗濯をする手間もなくなります。
スリッパがあれば十分なので、床や便座が汚れてもすぐにお手入れしやすいのが利点です。
トイレ用のウェットティッシュは丈夫なので、タンクの上のホコリや蛇口回りなど、上から床に向かって一通り拭けば簡単にお掃除することができますよね。

お客様が来る時にサッと拭いてマット類を出すというのも手ですが、トイレが常に綺麗な状態であればスリッパだけでも気になりません。

汚れたらすぐ掃除で手間いらず!

NWStock/Shutterstock.com
 
via NWStock/Shutterstock.com
トイレ掃除は億劫だからと掃除の頻度が落ちると、汚れは蓄積し、どんどん落ちにくくなっていきます。
黒ずみや黄ばみとは無縁でいたいですよね。
ウォシュレットのノズルなら、1日の最後にトイレに入ったタイミングにお掃除ノズルでちょっとトイレットペーパーで拭くだけでも、綺麗な状態をキープすることができます。
便器が汚れたらブラシでこする、ついでに便器裏も掃除してしまうなど、ちょっとしたタイミングで続ければ強力な洗剤も、掃除する時間も必要なくなります。

トイレを綺麗に保つポイント

毎日少しずつ掃除をする、気付いたらすぐ掃除をすることです。
トイレの中に漫画などの小物があるだけで、それをどかして掃除することが手間に感じて億劫になります。
必要最低限のもの以外は置かないようにして、常に綺麗な状態で気持ち良く過ごせるように心がけましょう。

thumbnail pictures by Africa Studio /Shutterstock.com

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。