大人女子のためのWebメディア
検索
2016年08月24日更新

やらなきゃいけないのに気分が乗らない!気分良く掃除をするためのヒント4選

やらなきゃいけない!と頭では分かっているのに身体が動かない…そう思えば思うほど、やりたくなくなってしまう…そんな悪循環から脱して、気分良く掃除にとりかかるコツとは!?

掃除というとやらないといけないのになかなか気が乗らない、時間がないからと先延ばしになってしまいがちです。

そんな時は掃除をする時にひと工夫、無理に動かない身体にムチを打たずに気分に働きかけてやってしまいましょう。

 

39842371 - beautiful woman with her imaginary room

①気分を乗せる

掃除をする時に気分が乗るようにどのように工夫するかというと、掃除をする場所の順番を工夫をします。

まず一番自分が過ごす時間が多く、一番目のつく場所から始めます。

人によってその場所は違うのですが、多いのがリビングルームや勉強部屋等です。

まずそこから掃除をします。

そういった場所は過ごす時間が多いので、きれいになったのを目で実感することができます。

それを実感できたら、ついでに他の場所も掃除をしてみようかなとか、もうちょっとやってみようかなと掃除をする気分が乗ってきます。

 

②勢いに乗る

掃除をして気持ちがすっきりし、気分が乗ってきたらその勢いを借りて、どんどん別の場所を掃除をしましょう。

次に毎日使う頻度が高く、汚れ易いトイレや台所やお風呂場等の水回りの掃除をします。

水回りを掃除すると、気持ちや流れにつまりがなくなるので、新しい物が入ってきやすくなるし、運気も良くなります。

 

③掃除をする動機を変えてみる

散らかったり、汚れたりしている状態は心や頭の中の状態と言われるように、本当に散らかっている時は心も頭の中もごちゃごちゃしています。

そしてそういった場所を掃除しているうちに、目に見えてきれいになると同時にそういったものが整理されてきます。

ちょっと行き詰った時に、敢えて心と頭の整理をつけようと掃除をしてみましょう。

ふと解決策やヒントが浮かんでくるかもしれません。

 

④感謝しながら心を込めてみる

そして、掃除する時にはその場所に感謝してみます。

いつも使わせてもらって有難うと思うと、気持ちがほっこりしてきて掃除をする手も優しくなってきます。

そうするとだんだんその場所やものが何だか愛おしくなってきて常にきれいな状態にしてあげたいと思うようになります。

最初は意図的感謝で構いません。

感謝をすることによって自然とその気持ちが湧いてくるようになります。

 

やらないといけないという気持ちはあるのに身体が動かない。

そんな時には上記のように心に働きかけると、義務感ではなく掃除をやりたくなってきます。

そしてこの掃除の工夫は目に見えて綺麗になると同時に、私達の内面にも変化を起こしてくれますので、是非実行して体感してみましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。