大人女子のためのWebメディア
検索

日本の秋とちょっと違う!?アメリカの秋とニューヨークの秋

ニューヨーク在住30代、ヘアスタイリスト、メイクアップアーティストの岩下マキです。 今年は例年より湿度も高くつい先日までうだるような暑さの ニューヨークでしたが2016年も秋がやって来ました。 あちらこちらでみなさん、もう秋ですねと仰ってます。 個人的には1番のお気に入りの季節、日本の秋が少し恋しく感じますが、 日本に比べるとちょっとイメージの違うアメリカの秋やニューヨークの秋について今回はお伝えしていきたいと思います。

ニューヨーク在住30代、ヘアスタイリスト、メイクアップアーティストの岩下マキです。

今年は例年より湿度も高くつい先日までうだるような暑さの ニューヨークでしたが2016年も秋がやって来ました。

あちらこちらでみなさん、もう秋ですねと仰ってます。

個人的には1番のお気に入りの季節、日本の秋が少し恋しく感じますが、 日本に比べるとちょっとイメージの違うアメリカの秋やニューヨークの秋について今回はお伝えしていきたいと思います。

 

スクリーンショット 2016-09-07 12.16.00

レイバー・デイ(Labor day)

レイバー・デイは、年間10個あるアメリカの祝日の中の1つです。

「労働者の日」という意味で、労働者を讃える日ですね。

日本で例えれば勤労感謝の日のようなものでしょうか。

レイバー・デイは国によって日付も綴りも変わってくるのですが、アメリカ合衆国では9月の第1月曜日と定められています。(カナダも同じ日付です)

1882年9月5日にニューヨークで行われたものが起源だそうで、今年2016年も9月5日にあたります。

アメリカでは多くの方にとってこの日が夏の終わりを象徴するものでまさしくこの日に向けて秋がやってきた~という感じがします。

そしてまさしくアメリカ!という感じのアメリカンフットボールのNCAAもNFLもこの日の前後に開幕戦を行いシーズンが始まるわけです。

因みにこれは日本であまりスポーツ女子ではなかった筆者の個人的な見解かもしれませんが欧米の方は女性もスポーツ観戦を大変楽しまれる方が多く感じます。

アメリカンフットボールやサッカー、ベースボールもこのようなホリデーシーズンに行われることが多いのでご家族やご親戚のみなさまで楽しまれているように感じます。

 

新学年、学校が始まる

日本からの留学生さんは入学までに半年のズレが生じることでも有名かもしれませんが、アメリカでは新学年は秋から始まります。

お子様や学生さんのいらっしゃるご家庭では前述のレイバー・デイの週末が新学年前の最後の週末にあたりアメリカの祝日なので連休になる企業がほとんどで、ご旅行に行かれるご家族も多いようです。

レイバー・デイの翌日から新学年になりますので、レイバー・デイの週末中に大学のキャンパスでは入学式が行われ、新学年に向けた大きなセールなどが毎年開催されたりします。

レイバー・デイの翌朝みんながスクールバスを待つ姿をみるとなんともほんわかしたりもします。

 

秋は突然やって来る

ニューヨークの秋は突然やって来ます。

そしてとっても残念なことにニューヨークの秋はとても短いのです。

日本では子供の頃制服のある学校では夏と秋の季節の変わり目にどちらの季節の服を着てもいいという期間があったことを記憶しています。

そのような制度からも日本の季節は徐々に移り変わっていく傾向にあると感じますが(地域にもよるかもしれませんが……) ニューヨーク(もちろん広大なアメリカ、地域によって気候も傾向も全く違います、時間まで違いますので….)の季節は突然変わります。

大都会のビル群の中にある癒しの緑の空間、セントラルパークも見事な紅葉に姿を変えますが、だいたい2週間後には雪が降りはじめます。

その年の全体的な気候にもよりますが、毎年2週間ぐらいが気候的に”秋”というのにふさわしい感じです。

雪慣れていなかった筆者は初年度かなり驚きましたが、ニューヨークの緯度は日本では青森と同じだと伺った時には納得できました。

というわけでニューヨーク、あわただしく忙しいのは人と街だけではないようです。

 

スクリーンショット 2016-09-07 12.15.38

気候に関しては日本とアメリカとくくってしまうには範囲が大きすぎるかもしれませんが、国、文化の違いは感じていただけたのではないでしょうか?

またこのような文化の違いなどお伝えしていきたいと思います。

それでは皆様、今年も貴重な秋、素敵な秋をお過ごし下さい。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

大阪ベルエベル美容専門学校を卒業後、 1996年より大阪、東京での美容室勤務の傍ら TV、雑誌、企業や大学のパンフレット、着物ショーやブライダル、 ファッションショーのポスターなどの撮影に携わる。 家族の介護の経験から介護や医療の現場での美容活動に興味を持ち、 日本とアメリカで病院やケアハウス、在宅介護の方への出張美容の活動、 2011年には被災地、仙台市南三陸町へも数回ボランティア活動で訪れている。 2012年より、パリ、ドバイ、ニューヨークと活動の幅を海外に広め 現在ニューヨーク在住フリーランス ヘアスタイリスト、メイクアップアーティストとして活躍中。 Blog Instagram
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。