大人女子のためのWebメディア
検索
2016年12月15日更新

忘年会シーズン間近!口下手でも飲み会を楽しむコツ

忘年会シーズンが近づくと、人見知り・口下手な人には苦痛な季節になりますよね。断ることもできずに参加することになった時、口下手な人でも飲み会を楽しめるコツをご紹介します。


人見知りや口下手な人からすると、会社や取引先との飲み会は苦痛でしかありませんよね。
参加しなくても差し支えないのならいいのですが、そうもいかないのが社会のルール。
今回は、口下手でも飲み会を楽しむコツをご紹介いたします。

仲の良い人の近くに座る

飲み会での1番のポイントはどこに座るか。
座るところを間違えてしまうと、その飲み会の間、ずっと1人で飲み続けなければいけない状態が続く可能性があります。
また、苦手なタイプの人と席が近くなり、気を使ったまま最後まで飲み会が続いてしまう場合も…。
それなりに仲が良い・話しやすいと思う人の近くに座った方が、気持ちをラクにし、リラックスした状態で飲むことが出来ます。
せっかく参加するのなら、楽しく過ごしたいですよね。

マシンガントークの人の近くに座り、聞き役に徹する

どのような集まりにも1人ぐらいはマシンガントークをする人はいるでしょう。
自分が口下手で話をするのが苦手なときは、あえて常に喋っているようなマシンガントークをする人の近くに座るのがオススメ。

その人の聞き役に徹し、話に相づちを打っていれば、自然と会話をしているような感覚に。
マシンガントークをする人は、自分の話を「うん、うん」と聞いてもらうことに喜びを感じるので、そこを逆に利用してしまうというのは1つのテクニックとして有効です。

仕事だと割り切る

職場の飲み会に限ってではなく、友人など気心知れているメンバー以外との飲み会は、「全て仕事だ」と割り切ってしまうのも1つの手です。
仕事だと思ってしまえば、自分からもある程度は話そうと努力しますよね。
接待しているつもりで相手の話に合わせてやり過ごす、これも社会に合わせるという意味では重要かもしれません。
もしかしたら、そういう飲み会を重ねていくうちに口下手が少しずつ改善されていく可能性もあります。
もし口下手が改善されたら、今まで以上に楽しく飲み会に参加することが出来るでしょう。

1人でしっとりと飲む

人と話すのはめんどくさい。でも飲み会に参加しないわけにはいかない…。
そう感じる人は、初めから1人で飲むつもりで参加しても良いでしょう。
もしかしたら、1人で飲んでいるのを見て、話しかけてくれる人もいるかもしれません。
そういう人に対しては会話をし、でも無理に会話を続けようとはしない。
そのようなスタンスで飲んでいれば、1人ぼっちになっても寂しいことはありません。
口下手な人は、1人の時間を大切にする人が多いので、そういう飲み方の方が性に合っている場合もありますね。

いかがでしたか?

これから忘年会シーズンが近づくと、人見知り・口下手な人には苦痛な季節かもしれません。
きっとあなたが人見知り・口下手だとわざわざ言い出さなくても、大体の人は察してくれるでしょう。
しかし、「周りがわかってくれているから」と自分で努力をしないようでは成長しませんよね。
ここは1つ、“自分自身の成長に繋がる”と思って、まずはご紹介した方法を試してみてはいかがでしょうか。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

”いつでも可愛く、元気なママ”で居られるように、WEBライターとして精力的に活動している2児の母。美容はもちろん、家事も仕事も手を抜かない努力型人間。有益なコンテンツ制作のため、情報収集に奔走する毎日です。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。