大人女子のためのWebメディア
検索

こだわりの高品質!アメリカ発祥のオーガニック認証済みティーメーカー

ニューヨーク在住、ヘアスタイリスト、メイクアップアーティストの岩下マキです。
アメリカではコーヒーだけではなくオーガニックティーも大変人気があります。
お茶の性質上、袋詰めする前に洗われていないそうで、農薬はそのままお茶に入り込むということなので、食の基準に厳しい方は、オーガニックの製品にこだわっているそうです…。
完全に避けることは難しいかもしれませんが、選ぶ際に参考にしていただけるように、今回はグラウカス・リサーチ社による 第三者分析によって残留農薬や人工調味料、自然調味料、そして遺伝子組換え作物などの面で信頼できると検証されたオーガニックティーをご紹介いたします。

Traditional Medicinals トラディショナル・メディシナルズ

トラディショナル・メディシナルズは、1974年北米で創業されたハーブティーの会社で、こちらの商品はハーブの専門家によって丹念に作り上げられた30種の高品質のお茶です。
USDA(米国農務省)オーガニック認証、California Certified Organic Farmers(CCOF)認定、非遺伝子組み換え(No GMO)プロジェクト認証で、遺伝子組み換えがされた原料は一切使用せず、安定した信頼のおける商品開発のために、品質規格書である薬局方基準のハーブを使用しています。
それぞれのお茶は『Detox デトックス』『Digestive 消化』 『Green グリーン』 『Herbal ハーブ』 『Kids キッズ』『Laxative お通じ』 『Relaxation リラクゼーション』 『Seasonal 季節』 『Tonic 活力』 そして 『Women’s 女性向け』 の健康維持のための10つのカテゴリーに分けられています。
キッズ向けのカテゴリーのお茶はお子様の健康維持に必要な伝統的なヨーロッパのハーブをお子様向けの要量のマイルドで安全に摂取いただける商品になっているようです。
1つ例を挙げますと、風邪の季節はもちろん、アレルギー体質の方にも人気のオリジナルハーブティーで、のどを保護する (Throat Coat) という名前のお茶では、気管支トラブルにお悩みの方に支持されているオーガニックハーブをブレンドしているようで、喉のドロップの成分で有名な『リコリスの根』、マシュマロで有名な『マーシュ・マロウの根』、爽快な香りで鼻やのどの通りをよくする『レモンマートル』といった薬用ハーブなどがのどや気管支をやさしくいたわるように配合されています。

Rishi Tea リシ・ティ

 

リシ・ティは1997年のミルウォーキー州でスタートしました。
窓のない小さなオフィスからのスタートだったそうですが、 その季節ごとの新鮮な高品質のお茶を世界中の茶畑から直送で仕入れていて、 現在ではフォーシーズンズなどの高級ホテルにも卸されているようなUSDAオーガニック認証、ベジタリアンの指標ともなるコーシャ、QAI(Quality Assurance International)による認定オーガニック、高品質のフェアトレードのオーガニックティーを専門に取り扱うアメリカの会社です。
『Green tea グリーンティー』『Oolong tea ウーロン茶』『Chai tea チャイ』『Chamomile tea カモミールティー』『Hibiscus tea ハイビスカスティー』『Ginger tea ジンジャーティー』『Black tea 紅茶』『White tea ホワイトティー』などのあらゆるタイプのお茶をお楽しみいただけます。
お茶の安全性にこだわるみなさんの中ではティーバッグの品質は大きな問題のようで、リシ・ティではティーバッグの素材にもこだわり、より本物のオーガニックティーとハーブ成分を煎じるためにデザインされたニット素材を特徴としていて、お茶の風味と香りを損なうことなく、ルーズリーフ状の茶葉と同じぐらいの品質のティーバッグになっているそうです。
沢山のアジアのお茶を扱っているので、お抹茶をたてる専用のものや、日本の伝統的な茶筒、急須、などの茶器にもこだわりが見られます。

Numi Tea ヌミ・ティー

 

ヌミ・ティーは1999年にカリフォルニア州・サンフランシスコの隣町オークランドで2人のアーティストの兄弟によって創業されました。
こちらのお茶の特徴は大変高品質であることではないでしょうか。
有名なお茶メーカーのほとんどは、原材料に「自然調味料」を使うことで、消費者に良質でクリーンなイメージを連想させているのですが、これには少しトリックがあるようです。
ヌミ・ティーのCEOであるアームド・ラヒーム氏はこの自然調味料というものに対して嫌悪しているようで、「自然界に存在するなにかを適当に分解していって、それが結果的に自分が使いたいと思っている味になったとする…それを製品に入れて、原材料のラベルに『自然調味料』と書けばいいってことさ。だから、例えばそこらへんに転がっている石が入っていたとしても、分からないという訳なのだよ」
というコメントをされています。
ですので、本物の原材料だけを使っていて、USDAオーガニック認証、18個の非遺伝子組換え生物分解性のティーバッグ、フェアトレード認証の原材料、コーシャ、高品質のオーガニックハーブ、本物のフルーツ・花&スパイス、QAIによる認定オーガニック…と、安心の品質を保っている会社です。

 

 

お茶へのこだわりを持つ皆さん、お茶を安全に美味しくいただく手法としてはルーズリーフ状態の茶葉をすすめてくださいます。
プラスチック製のティーバッグは避けて、ステンレス製かガラス製の茶こしを使って淹れるのがお勧めだそうです。
毎回は大変でも、健康に関することでもありますので、たまにはこだわってお茶の時間を満喫したいですね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

大阪ベルエベル美容専門学校を卒業後、 1996年より大阪、東京での美容室勤務の傍ら TV、雑誌、企業や大学のパンフレット、着物ショーやブライダル、 ファッションショーのポスターなどの撮影に携わる。 家族の介護の経験から介護や医療の現場での美容活動に興味を持ち、 日本とアメリカで病院やケアハウス、在宅介護の方への出張美容の活動、 2011年には被災地、仙台市南三陸町へも数回ボランティア活動で訪れている。 2012年より、パリ、ドバイ、ニューヨークと活動の幅を海外に広め 現在ニューヨーク在住フリーランス ヘアスタイリスト、メイクアップアーティストとして活躍中。 Blog Instagram
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。