大人女子のためのWebメディア
検索
2017年01月30日更新

寒い冬のお風呂掃除をバッチリ時短!もしかしたらみんなやってる!?上手な手抜き術

冬のお風呂掃除って億劫ですよね。床は冷たいし、あまり丁寧にやって時間をかけていると身体が冷えてくるなんてことも…。もちろん冬だけでなく、オールシーズンできるお風呂掃除の上手な秘密の手抜きテクニックをご紹介します!

秘密のテクニック「究極のながら掃除」!?

Ariwasabi/Shutterstock
 
日頃忙しく働いていると、お風呂の時間くらいはゆっくりしたいですよね。でも5分だけ待ってください!お風呂につかりながら、シャワーを浴びながら少しだけお掃除。お風呂の中は全裸なので、身体に影響のありそうな洗剤を使わないのも重要。スポンジとお湯だけで、「ながら洗い」をします。例えば、メラミンスポンジを使って浴槽につかりながら蛇口周りをゴシゴシこすったり、鏡の水垢を落としたり。シャンプーなどのボトルも少し持ち上げて、熱いシャワーでサッと流しましょう。シャンプー液などで少し汚れている程度であれば、洗剤をつけていないスポンジでこすり洗いで落してしまいましょう。

ヌル床、ヒンヤリ床からの卒業!お風呂上がりの一手間

Ari N/Shutterstock
 
お風呂から上がるとき、次の人が入るとき、お風呂掃除をするとき。お風呂場の床は、湿っている程度ならまだしも、まだ濡れていたり、場所によっては水が溜まっていることありませんか?新しい浴室ならあまりないと思いますが、お風呂上がりのときや、水はけが悪い場所がある床の場合、お風呂から出る前にスクイージーで軽く床の水を切ってしまいましょう。カビの温床を防ぐだけでなく、水を切っておくことで床のヌメりやヒンヤリ床から抜け出すことができます。お風呂場の床を掃除しなくて良くなるので、普段のお風呂掃除に比べたらかなり時短になります。

お風呂場でスポンジワイプを大活用!

Bayurov Alexander/Shutterstock
 
お風呂場で使うスポンジを、スポンジワイプに変えてみましょう。お風呂場用のスポンジって、細かいところまで掃除が行き届かなかったり、傷んでくるのが早い気がしませんか?常にお風呂場に置いているスポンジを十分に乾燥させるのは難しいもの。

布巾のように薄く、乾燥が早いスポンジワイプを使って、お風呂を出る前に蛇口や鏡の水分をサッと一拭き。水を抜いた浴槽は洗剤を使って洗いましょう。スポンジよりも洗っている手ごたえがあって面積が広いので、細かいところまで一気に洗いあげることができます。ボトルの底や、ちょっとしたラックもスポンジワイプで簡単に拭くことができるので、意外と使い勝手が良いです。柄のついたスポンジは、天井や壁用に使いましょう。
意外と、お風呂に入りながら掃除をしている人も多いようです。お風呂掃除は、お風呂に入るときに少しずつやるのが時短のコツ。お掃除道具をスポンジからスポンジワイプに変えてみるだけで、意外と簡単に済ませることができるので、一度試してみては?


Thumbnail picture by Ollyy/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。