大人女子のためのWebメディア
検索
2017年03月23日更新

そういえばいつから掃除してない…?ついつい忘れられがちなお掃除スポット

大掃除はぬかりなく全部きれいにしたし大丈夫!と思っているかもしれませんが、実は見落としているスポットがあるかもしれません。みんながついつい忘れてしまう、指摘されて思わずハッと気づくお掃除スポットをご紹介します。

一番見られているはずの玄関にも落とし穴

Dmitry Bakulov/Shutterstock
 
毎日誰かが出入りしている場所のどこに忘れてしまうところがあるのでしょうか?それは、玄関ドアそのものです。大きな1枚のドアを拭いたことはありますか?開くところのジョイント部分、ドアノブ周り、インターホン、ドアスコープ…。ポストの設置場所によっては、中にも意外と砂埃が入り込んでいることがあります。下駄箱の中のカビ対策をした後、玄関扉にカビが飛散して上や下の方に付着して良く見ると点々と繁殖していることも。

毎日使う玄関でも見落としスポットはたくさんあります。下駄箱の下や壁部分、仕切り板の裏など、カビが潜むポイントは意外とあるもの。ゲストの目に入る傘立ての水受けなども綺麗にしておきたいですね。

リビングなら大丈夫!と、胸をはって言えますか?

Grand Warszawa/Shutterstock
 
意外と忘れがちなのが電気シェードです。最近ではカパッと下からはめ込むタイプの照明が多いと思いますが、よく見ると中で虫が死んでいることもあります。外側からだけでなく、一度外して中までしっかり掃除をしましょう。洗面所やトイレの照明もお忘れなく。敷居や幅木など、ちょっとした出っ張り、凹み部分も意外とホコリが溜まっています。

引き戸だとレール上のホコリが左右どちらかに固まってしまっていることも。掃除機のホウキがついたノズルで吸い上げたり、床掃除をした時に一緒に拭きあげましょう。LEDではなく、電球や蛍光灯もちゃんと拭いてあげると部屋が明るくなります。お子さんのいるご家庭ならテーブルの裏も拭き掃除を。こんなところに米粒が!?汚れが!?というビックリポイントになっています。

そういえば掃除したことなかった?隠れスポット

kazoka/Shutterstock
 
食器棚を使っている人の中には、曇りガラスで一見綺麗に見えるのであまり気にならないというのもあると思いますが、ガラスがはめ込んでいる扉の枠にホコリが溜まります。同じ理由で浴室扉のレールやサッシにも注目してみましょう。浴室扉は取っ手の裏部分も要注意です。毎日触れている部分は綺麗ですが、あまり触れない左右の端の方は裏の方にカビや汚れが潜んでいるかもしれません。

洗濯機の下やホース周辺も意外と盲点。大きな家電類は動かすのが大変なのでついつい掃除が後回しになってそのまま忘れ去られてしまうことがままあるのですが、水周りの汚れはカビの発生原因にもなるので気をつけましょう。
テーブルタイプのIHクッキングヒーターや炊飯器は裏の方にホコリや汚れが溜まっていることがあります。台所用の雑巾や綿棒、要らなくなった歯ブラシなどを使って掻き出してあげましょう。じっくり見ていくと、気になるポイントがどんどん出てくるかもしれませんよ。


thumbnail picture by aslysun/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。