大人女子のためのWebメディア
検索
2017年05月05日更新

五感を意識して心身共にリフレッシュさせる方法

G.Wは、自然や芸術に触れたり、身体を動かしたり、家族や友達と美味しいものを食べたり、五感が沢山刺激される機会になりますね。日々の生活の中でも五感に良い刺激を与え心身共にリフレッシュしましょう。

五感を意識して心身共にリフレッシュ

G.Wは、自然や芸術に触れたり、身体を動かしたり、家族や友達と美味しいものを食べたり、五感が沢山刺激される機会になりますね。日々の生活の中でも五感に良い刺激を与え心身共にリフレッシュしましょう。 

視覚

パソコンやスマホの画面を見たり、人工的なものやモノトーン主体の色の環境に囲まれていると、目だけでなく脳が疲労しやすくなります。インテリアに自然素材の物や緑の植物を置き、見た目や香りを楽しみながら、過度な視覚の刺激からの影響を和ませると良いですね。特に植物の緑は、目に心地よく、気持ちを穏やかにさせる効果があります。

パソコンやスマホの画面を長時間見たら、時々窓から景色を見たり、目を閉じて休ませる事を意識しましょう。目が疲れた時は、ローズウォーターを浸したコットンでパックしたり、程よい熱さの蒸しタオルで目を温め、血行を良くする良いでしょう。

青色は、集中力を高めたい時に効果的ですが、食器やテーブルウエアなどに使用すると、食欲を抑え、食べ過ぎを防ぐ効果がありますので、ダイエットをしたい方には、意識して取り入れると良いでしょう。

聴覚

小川のせせらぎや、波の音などは涼しさを感じさせ、一定の心地良いリズムの音は、心身を安定させ、リラックスします。CDで聴くのもいいですが、生で聴くと五感の感じ方が全く変わります。これからの季節は、自然の豊かな所へ出かけ、自然や虫、鳥の音に耳を傾けたり、野外で音楽を楽しむのも良いですね。

嗅覚

花や植物の香りを楽しんだり、マイナスイオンたっぷりの森や水辺で清々しい空気を吸い込みましょう。嫌な事があったら、吐き出す息と共にネガティブな感情を開放させましょう。日常生活では、ハーブやアロマオイルを活用するのも良いですね。お料理でハーブやスパイスを使用すると、風味がUPし、食欲や消化が促されます。お部屋や入浴の際は、アロマやハーブで香りを漂わせ芳香浴をしたり、衣類や持ち歩きには、ハンカチ、サシェに香りを付けて持ち歩くと良いでしょう。

リラックスしたい時⇒ラベンダー、サンダルウッド、オレンジなどのエッセンシャルオイル

リフレッシュしたい時⇒ローズマリー、ペパーミント、レモンなどのアロマやハーブがおすすめです。

※アロマオイルは、体調や状況により使用を避けた方が良いものもありますで、使用される際はご注意下さい。

触覚

衣類や寝具などを天然素材の心地よい物にしておくだけで、ストレスを軽減させます。これからの季節は、通気性と速乾性の高く、サラッとしたリネンや吸汗性が良く、吸収した汗を素早く乾燥させ、繊維中の空気が適度な体温調整をし、紫外線ダメージや冷房からの冷えから守ってくれるシルクがおススメです。麻やシルク100%だと高価ですが、麻やシルク混だと使い易いです。オーガニックコットやガーゼのふんわりした触感も癒されます。また、スキンシップは、気持ちを明るくし、ストレスに強い、幸せホルモンと「セロトニン」の分泌を増やし、ストレスや不安感を減らす、愛情ホルモンと呼ばれる「オキシトシン」が分泌されます。ペットでも良いのですが、肌と肌の触れ合いも大切にしていきましょう。

味覚

食べる事は、五感すべてを刺激します。おしゃべりも楽しみつつ、五感で味わう事にも意識を向けましょう。暑くなると冷たい飲食物が、食べたくなりますが、のど越しの良い飲食物は、食べ過ぎると身体を冷やし、また糖分がたっぷり含まれている事があるので注意しましょう。野外で気の合う仲間と食事をしたり、素敵な空間にドレスアップして出かけてお食事するのも良いですね。


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

管理栄養士。保育園の栄養士として8年、オーガニックアロマと食を扱う会社に4年半従事。現在は、シュタイナー子ども園に勤務し、食をテーマにした親子クラスを担当している。素材を生かしたシンプルな野菜料理が得意。心身の美しさと健やかさをテーマにしたワークの開催とコラムの執筆などを行っています。詳しくはhttp://ameblo.jp/hanasonomi/
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。