大人女子のためのWebメディア
検索
2017年05月09日更新

テーブルの上の紙類がうっとおしい!新聞やDM、はがきはみんなどうしてる?

テーブルやカウンターに置かれた紙類、細々とした物の正体は一体何でしょうか?いつの間にかテーブルの端に積まれていくチラシやDMなどの紙類をパパっと片付けられるコツをご紹介します。

片付ける場所があるものは片付けるところから

Africa Studio/Shutterstock
 
まず、テーブルの上に紙を置いてしまう前に、必要なものかどうか一度判断しましょう。面倒かもしれませんが、このたった一手間をしないことで「物を置かない」というハードルが下がり、その上に積み重ねていってしまうのです。

新聞やチラシ、DM(ダイレクトメール)や学校からのお知らせ、請求書、レシートなど、「取っておく必要があるのか、不必要なものか」で分けて行きます。昨日の新聞は新聞ストッカーへ戻し、今日の分は一旦保留。レシートも家計簿をつけてないなら不要ですし、家計簿をつけた段階で捨ててしまいましょう。

医療控除や確定申告などで必要なレシートや明細は取っておくように気をつけてください。DMや請求書、何かのお知らせが入った封筒などがあれば一度開封して中身を確認し、不要であれば全て処分しましょう。

家中の紙類を一度全部整理してみる

Africa Studio/Shutterstock
 
家中にある紙類を一度整理しておくのもオススメです。お子さんが学校に通っているなら、学期ごと、年度ごとに一度見直し、要らないものは全部処分しましょう。

映画館やコンサートに行った時のチラシ関係も捨てます。保険や銀行からなどのお知らせも更新するごとに見直します。もう使っていない家具や家電の説明書など、あっても使わないものは全て処分してしまいましょう。

過去の分でも取っておいた方がいいのは「過去の賃貸契約書、カード、公共料金、ネット通販などの利用明細、給与明細、源泉徴収票、保険関係の書類、現在使っている家具家電の説明書と保証書」などでしょう。学校からのお知らせなども、終わったものは捨ててしまいましょう。

カテゴリ分けをしたら期間を決めて保管する

iQoncept/Shutterstock
 
書類を一旦分類分けしたら、今度は保管期限を決めます。給与明細は、所得税や住民税など、その他必要に迫られる場合があるので最低でも2年は保管しておきます。もし、かさばるのが嫌であれば、スキャニングするか写メで撮ってデータ保存しておけばOKです。

保険関係も期日内は保管しておきます。ネット注文やカード利用の明細も、全ての処理が完結するまで一時保管しておいた方がベター。可能であれば時系列ごとにまとめておくと便利ですが、とりあえずそこに分けておくというスタイルでもかまいません。「そこを探せばある」という状態にしておくことが優先です。

書類関係の保管場所があれば、テーブルの上に置いておく物もなくなってきます。居場所がないものは「一旦保留用」にファイリングして置いておくなど工夫してみましょう。
捨てる時に「個人情報が…」と思うくらいなら、思い切ってシュレッダーを買うと便利です。100円ショップにあるシュレッダーハサミや、今は家庭用の手回しシュレッダーもあります。紙類を処分することで、ずっと早く片付きます。


thumbnail picture by Jne Valokuvaus/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。