大人女子のためのWebメディア
検索
2017年07月03日更新

室内でもきちんとふとんが干せる!うっとおしい雨の日でも安心なふとん干しのコツ

カラッと晴れた日には思いっきり外でふとんを干したいですよね!洗濯物も外に干したいから、ふとんを干すのはまた次の機会に…と思ってる間に、「あれ!?いつからふとん干してないっけ?」なんてなることも…。そんな時は室内で布団を干しちゃいましょう!

ふとんを干した方がいい頻度ってどれくらい?

William Potter/Shutterstock (36332)
 
晴れの日が続くと「今日はふとんを干そうかな!」など、気分が向いたときに干せるのであまり気にならなかったと思いますが、雨の日が続いてふとんが干せない日が続くと「どれくらいの頻度で干すのが普通なんだろう…?」と、ちょっと不安になりますよね。

そんな時は、ふとんの素材をみると判断しやすいでしょう。木綿素材は湿気を吸いやすいので、3日に一回は干したいところ。ポリエステル綿は湿気を吸いにくく、吸っても発散しやすいので1~2週間に1度程度でOK。ウールのふとんは自分で呼吸できる素材なので、1カ月に1~2度でも大丈夫。

風に当たっていれば直射日光に当てなくても問題ありません。羽毛も湿気を吸いにくいので1カ月に1度程度で十分でしょう。ただし、紫外線に当ててしまうと素材が傷んでしまうので気をつけてくださいね。

室内でふとんを干すときは椅子を使うと便利

Instudio 68/Shutterstock (36333)
 
ふとんを干すときは何より湿気を飛ばすことが先決。できるだけ接地面を減らして風通しをよくしたいですよね。椅子を1~2脚用意し、ふとんを上からばさっとかけて室内干しをし、風通しが良くなるように扇風機を当てたり、エアコンの風向きを調節するのもいいでしょう。エアコンの冷房モードは室内が乾燥するので、直接ふとんに風が当たるよう調節してみましょう。

冬ならホットカーペットを持ってきてダニを一掃!ホットカーペットの上に直接ふとんを敷いて高温で温めるだけ。裏表とまんべんなく温めるのがコツです。いずれも、ふとん乾燥機を使うのが一番早いのですが、これならふとん乾燥機がなくても大丈夫そうですよね。

室内で布団を干す時のコツは、まず乾燥を重視しよう

Raihana Asral/Shutterstock (36334)
 
雨の日が続く季節のふとん干しは、ダニの除去よりもカビ予防が優先!フローリングに直接ふとんを敷いて寝ている人は、カビの温床になっていることもあります。万年床の人や、ふとんを半分に折りたたんでいるだけの人は特に気をつけないと、床やふとんにカビが生えてしまうことだってあるんですよ。

フローリングにふとんを直接敷くときは、下に「すのこ」を敷いて湿気を逃がす工夫をしたいところ。折りたためる「すのこマット」を使うと、ふとんを使わないときは折りたたんでおけば「ふとん干し」になってくれるので一石二鳥です。ペタっと床に二つ折りにして置くのが習慣であれば、すのこマットに差し替えるといいでしょう。

ふとんを押し入れにしまっている人は、ふとんの下に除湿シートを敷いてみるといいですよ。頻繁にふとんが干せない日には重宝します。
雨の日のふとん干し対策は、まずは除湿!晴れた日のタイミングを見計らってダニ対策をするといいでしょう。どうしてもダニが気になるなら、アイロンを使うのもあり。ふとんのダニ対策用に夏でもホットカーペットを出しておくのも悪くないかもしれませんね。


thumbnail picture by Mallmo/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。