大人女子のためのWebメディア
検索
2017年07月11日更新

【種類別】野菜・魚・肉類・麺類を冷凍保存するときの基本的なテクニック

「これって冷凍できるの?」「どうやって冷凍すればいい?」野菜や魚、肉類、麺類などは、それぞれ使いやすい冷凍の仕方があります。買ったまま冷凍してしまうと、いざ使うときにちょっと大変。冷凍前の「一手間」が使いやすくなるコツです。

【野菜類】特徴によって冷凍の仕方を変えるのがコツ

Africa Studio/Shutterstock (36253)
 
野菜は、その特徴によって「冷凍の仕方」を変えるのがコツ。人参やじゃがいもは、同じ根菜でも冷凍保存の方法は違います。どちらも乱切りなどの固形状態で冷凍すると食感が悪くなって差うので不向き。

人参は千切りやスライスなど薄くしたり細い状態で冷凍するのがベター。じゃがいもはマッシュポテトにして冷凍しましょう。

レタスや小松菜などの葉野菜はよく洗って水気を切ってから冷凍保存します。ラップで包むよりも、できるだけ乾燥しないように密封できるチャック袋に入れて冷凍するといいでしょう。

そして、水気の多い「もやし」も実は冷凍保存することができるんですよ。解凍するとちょっと水っぽくなってしまうので、炒め物やナムルにするなど、しっかり味付けをする料理に使いましょう。

【魚介類・肉類】使う分ずつ小分けにして冷凍する

jannoon028/Shutterstock (36254)
 
魚や肉類は安いときにまとめ買いして冷凍しておくという人も多いと思いますが、パックのまま冷凍庫に入れるのはNG。使いたい分だけ使うなど、後から小分けにするのは難しく、調理するときにうまく解凍することができなくなってしまいます。

魚なら一尾、一切れずつラップに包んでから密封できるチャック袋などにまとめて入れて保存しておくと乾燥からも防ぐことができ、使いたい分だけ解凍すればいいので衛生的で便利です。

イクラやタラコなどの魚卵系も一腹ずつラップに包んで冷凍して大丈夫。解凍するときは冷蔵庫で解凍させてから常温に戻してあげてください。

アサリなどの貝類は、砂抜きしてから真水と一緒に冷凍保存するのがオススメ。薄切り肉などは一回分ずつ、一人前ずつなどで分けておくといいでしょう。肉類は、調味液に浸けるなど味付けをして冷凍してもいいですね。

【麺類】冷凍していいの!?パスタやうどんの保存

kariphoto/Shutterstock (36255)
 
ちょっと意外かもしれませんが、茹でた麺類を冷凍保存しておくのも案外オススメ。というのも、パスタやうどんなどの麺類を調理するときはお湯を沸かすところからはじめないと料理がスタートしません。暑い時期にあまりお湯を沸かした料理をしたくないという日にも便利です。いつもより遅く帰ってきたときや、手早く食事を済ませたい時、一人分のためにお湯を沸かして料理をするというのが手間に感じることもあると思います。

パスタやうどんを予め茹でておき、サラダ油などで麺がくっつくかないようにコーティングしてから一人前ずつ小分けにしてラップで包み、密封できるチャック袋に入れて保存しておきましょう。うどんなら冷凍のまま出汁の中に入れて温め直せばOK。パスタは電子レンジで解凍してからソースに絡めて仕上げましょう。
一度解凍したものを再冷凍すると、味も鮮度も落ちてしまうので、冷凍するときは使う分ごとに小分けにして保存しておくと衛生的で便利です。冷凍する場合はできるだけ急速冷凍をするといいでしょう。食材はできるだけ乾燥させないことがコツですよ。


thumbnail picture by Whytock/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。