大人女子のためのWebメディア
検索
2017年08月26日更新

イライラ解消したい!キッチンに飛び交うコバエを撃退する対策方法

一体どこから湧いてくるのか、気付いたらごみ箱の周りを飛んでいるコバエたち。「いくら殺虫剤を使ってもきりがない!」「目の前をチラつくコバエが捕まえられなくてうっとおしい!」そんなイライラを解決するコバエ対策をご紹介します。

「めんつゆトラップ」はやっぱり有効

Max Lashcheuski/Shutterstock (37440)
 
コバエ対策として話題になっているのが「めんつゆトラップ」です。「本当に効くの?」という疑いもあると思いますが、実際トラップにひっかかってしまうコバエは多数。

2~3日置いて効果を実感できなくても4日目以降から面白いようにコバエが浮いていることがあります。めんつゆトラップの作り方はいたって簡単。プリンの容器やコーヒーが入っていたプラスチックのコップでもかまいません。

捨てる前のプラスチック容器に水をはって、その中に適量のめんつゆと食器用洗剤を入れるだけ。めんつゆの香りに誘われたコバエがめんつゆの中に入り、水をはじく体表の油分を洗剤が落としてしまうので溺れてしまうという理屈のようです。

どこに潜んでいる!?コバエの発生源を絶つ工夫

maroke/Shutterstock (37441)
 
「生ごみはごみ箱に捨てているし、虫が入る隙はないはず…」そう思っていたのに、ごみ箱の蓋を開けたらコバエがプゥ~ンと出てきた経験はありませんか?ごみ箱は完全密封というわけではないので、何かの拍子にコバエが入り込んでしまうことがあります。

気をつけたいのは「ごみ箱の隙間」です。ごみ箱を開閉する蓋の部分や底の角の部分。またはごみ箱の裏など、あまり動かさない場所、触らない場所に卵が産みつけられていることがあります。

掃除機をかけるときは、ごみ箱の裏、ごみ箱に近いカーペットやキッチンマットの裏までチェックしてみてください。意外なところにコバエが潜んでいる可能性があります。生ごみを捨てるときはニオイが出ないように燃やしても問題のないビニール袋などに入れて口をしっかり閉じる、排水溝の掃除をするなど、コバエの発生源をチェックしてみましょう。

めんつゆトラップが効かない場合の対策

Grandpa/Shutterstock (37442)
 
めんつゆトラップを仕掛けても効果を実感できなかったという人は、もしかしたコバエの種類が違うのかもしれません。実はめんつゆトラップにかかるコバエは「ショウジョウバエ」だけのようなんです。

家庭に発生しやすいコバエは6種類ほどいるので、光に引っ掛かるタイプのコバエや、お風呂場などの排水溝に潜むコバエにはめんつゆトラップは効果がないと言われています。

コバエトラップには、ハエの特性に合わせた対策が必要です。また、めんつゆトラップを作っても、猫や鳥など室内で放し飼いにしている場合は間違ってめんつゆトラップを舐めてしまったり、誤って倒してしまうという危険性もあるので、設置場所には十分な配慮が必要です。
めんつゆトラップにかかったコバエは7~10日に一度、必ず捨ててしまいましょう。トイレに流しても大丈夫ですし、排水溝ネットに流して燃えるごみと一緒に処分するという方法もあります。できるだけキッチン周りとごみ箱周りは小まめに動かして掃除するのも忘れずに。


thumbnail picture byKzenon/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。