大人女子のためのWebメディア
検索
2017年12月02日更新

頑固な換気扇汚れにイライラ!簡単にお手入れできて綺麗を保つ方法は?

換気扇についた油汚れやほこりにウンザリする年末の掃除。もっと小まめにお手入れしておけばよかったと思ったことありませんか?ちょっとしたことでお手入れがぐんと楽になる秘密をご紹介します。

面倒を放置するともっと面倒になる!?

ucchie79/Shutterstock.com
 
via ucchie79/Shutterstock.com
他の場所に比べて掃除の優先順位が低く、ついつい放置してしまうのが換気扇。

換気扇を外して拭いて、乾燥させて、またセットして…という工程は本当に手間がかかります。かといって、何となく見て見ぬふりをして過ごしていたらあっという間に汚れがたまっていた!なんて経験をしたことがある人もいると思います。面倒だからと放置してしまうと取り返しのつかないことになります。簡単にお手入れでいるうちにササっと掃除しておけば、年末の憂鬱な大掃除が断然楽になりますよ!

頑固な汚れは重層液で漬け置きが一番

ThamKC/Shutterstock.com
 
via ThamKC/Shutterstock.com
レンジフードや換気扇は手に油がつきやすいのでゴム手袋は準備しておきましょう。

簡単な汚れならお湯を使って雑巾で拭くだけでもOK。汚れ具合によって使うもの、お手入れの仕方を変えていきます。お湯を使って拭いただけでは落ちない場合は、台所用の洗剤を使います。いつも使っているモノからキッチン周り専用のスプレー洗剤を吹き付けて、指定された時間通り浸け置きしてから拭きましょう。

浸け置く時は、2パターンのやり方があります。部分的に汚れなら、ティッシュやキッチンペーパーなどを乗せた上から洗剤をスプレーして換気扇などに密着させて洗剤を浸透させます。換気扇を全部浸けてしまいたい場合は、お湯や重層を溶かした水の中に入れます。台所のシンクにお湯を溜めるのが難しい場合は、大きなビニール製のゴミ袋などを使うと便利です。お湯や重層で油分が緩んだらお手入れすると簡単です。

レンジフードフィルターを使って綺麗をキープ

rodho/Shutterstock.com
 
via rodho/Shutterstock.com
丁寧にお手入れしたレンジフードや換気扇は何とか綺麗な状態をキープしたいですよね。そんな時は、レンジフードフィルターが便利です。

引っかけて使うものからマジックテープを使うもの、マグネットを使うものなどどんなタイプのものでも構いません。フィルターが油分やホコリを吸着してくれるので、換気扇の手前で汚れがとどまります。料理をする頻度にもよりますが、2ヶ月程で取り換えるのが目安です。

フィルターが汚れてきたなと思ったらそのフィルターは捨てて新しい物をセットするだけでお手入れは終了。レンジフードの幅に合わせてフィルターをカットするだけでOK。ちょっとしたひと手間ですが、フィルターを交換するだけで換気扇の掃除が終わるなら便利です。
キッチン周りは掃除する場所が多いので、どうしても換気扇は後回しになりがちですが、レンジフードやフィルターによっては100均で手に入るものもあります。薬局などでも置いてあるので、一度つけてみるとその便利さに驚きますよ!是非試してみてくださいね。


thumbnail picture by Poznyakov/Shutterstock

料理と暮らしのレシピ動画をもっと見る(外部サイト:ビデリシャス) ≫ ≫

【関連記事】

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

料理と暮らしのレシピ動画まとめサイト「ビデリシャス」では、食・DIY・旅・カルチャーなど、いつもの暮らしを豊かにするちょっとしたヒントを毎日動画とコラムでお届けしています。「ストーリー」のあるテーブルに、集まろう。 サイト:www.videlicio.us youtube:www.youtube.com/videliciousness Facebook:videliciousness
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。