大人女子のためのWebメディア
検索

私失敗しませんから!仕事のできる女性の上手な用件の伝え方とは?

仕事で失敗すると落ち込みますよね。今回は、仕事を失敗しないキャリアウーマンが活用している上手な要件の伝え方をご紹介します。

いつどんな時も結果から伝える癖をつける

仕事のできる女性は、何かを伝える際必ず結果や用件からシンプルに伝えます。
仕事相手の時間を有効に使ってもらったり、忙しい中でも話に集中しやすいように、まずインパクトを与えて意識を惹きつけるのです。
女性は不足があってはいけないと前置きが長くなりがちですが、男性は脳の構造上結論から語るような特徴があるので、相手が男性の場合は、最も有効な話し方と言えるでしょう。
この伝え方ができると連絡ミスが減り、仕事の効率も良くなるので、ビジネスシーンでも活躍の場が広がります。

大切なことほど簡潔に短く伝える技術を身につける

大切な用件になればなるほど、簡潔に短く伝える技術が要求されます。
それはどんな仕事現場においても変わらず、用件の大枠を30秒以内で伝えることが最適な方法です。
普段から話の仕方を30秒以内にまとめることを訓練して、できる女性を目指しましょう。
大枠がわかれば、後は相手の時間と必要に応じて詳しい説明を付け加えると良いです。
一方的に一から十まで伝える方法よりも、時間も短く済みコミュニケーションも計れるので、スムーズに話が進みます。

伝えた後にメモを渡す配慮でワンランクアップ

最後に話を伝え終えた後に重要なポイントが、伝えたことをメモにして相手に渡すことです。
仕事の早い相手だと、その場でメモを取るかもしれませんが、このメモの重要性は忘れないことではなく、相手の記憶に残る伝え方をすることです。
相手の記憶に残すことで、頼んだ仕事は優先的に責任をもってこなしてくれるという特典が付いてくるのです。
あらかじめ伝えたい内容を手書きでポストイットなどにメモして、話し終えたら笑顔で相手の持ち物に張り付けてきましょう。
気が利く優しい女性という印象と共に、仕事のできる女性として一目置かれるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。