大人女子のためのWebメディア
検索
2018年02月05日更新

【専門家が紹介!】上司はなぜムカつくのか?

上司にイライラしているのはあなただけではない!?今回は上司に対する怒りを理解するために、リーダーシップについて研究をしているRonald E Riggio氏が、上司の生態について報告していたものをご紹介します。

「本当にむかつく!」「なんでそんなこと言うの?」と職場の上司にイライラしたことはありませんか?
このように上司に腹を立てている人は意外に多いようです。

それではなぜ私たちは、上司にイライラしてしまうのでしょうか?
リーダーシップについて研究をしているRonald E Riggio氏が、上司の生態について報告していたのでまとめました。

上司は共感性がない

“多くの上司は、従業員のニーズや感覚に無関心である”

 

出世すると失うものが増えるため、周囲の人より、自分優先になってしまうのでしょう。
その結果、共感性が低くなり、相手の気持ちを一切汲み取らない態度をついついとりがちになるのかもしれません。

上司は偏見を持っている

“上司は、不平等に特定の従業員を好む“バイアス”を持っていることに気付いていない”

 

上司といえども、従業員の好き嫌いはあります。
つまり、いくら業績に貢献しても、上司の“お気に入り”になれないと、なかなか評価されにくいと言えるかもしれません。

リーダーは平等を望んでいない

“もし、組織が平等の処遇を強調しないのであれば、上司は自分の欲しいものに際限がなくなる。さらに、利益が出ている限り、苦しむことはない”

 

上司としては、結果を出すことが最も重要な課題です。
その課題がクリアされているのであれば、従業員がどれだけ不満を抱えていても、一切目が向かないのでしょう。

上司はシンプルに愚かだ

“上司は不平等でいることやえこひいきしていることに気がついていない”

 

上司になってしまうと、利己的かつ保守的な“愚かな人”になってしまいがちです。
ですので、上司の意識を変えたいのであれば、上司の愚かさをキチンと汲み取ってあげる必要があります。

従業員が不平等だと勘違いしているだけ

“従業員は、その事実が一切ないのに、「自分は不平等に扱われると」信じる”

 

人は優遇されていることには鈍感で、不遇に扱われている時は過剰に反応します。
そのため、不平等に扱われていないにも関わらず、「私だけ差別されてない…」と思いこむ傾向が…。

一度、自分の上司の態度が本当に不平等なのか、客観的に振り返ってみると良いでしょう。

まとめ

上司を説得する際は、これらの心理を上司が抱えていることを理解したうえで説得すると、成功率はアップしようですね。

 

参考文献:
https://www.psychologytoday.com/blog/cutting-edge-leadership/201801/why-leaders-treat-people-unfairly

 

written by 高萩 陽平


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

心理カウンセラーの資格を持つフリーライター。 国内だけでなく海外の文献もチェックしており、その幅広い心理学の知識をベースにした合理的な記事を執筆する。 共感ではなく解決に導く記事を執筆するべく日々頭を抱えている。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。