大人女子のためのWebメディア
検索
2018年03月12日更新

最先端の働き方って?~インスタ映えする仕事について~

文筆家ひとみしょうさんが答えます。最先端の働き方って何でしょう。1日の大半を過ごす職場=人生の大部分を過ごしていることになります。転職や働き方について考えている方、あらゆる角度から今の職場と仕事を見直してみてからでも遅くないのではないでしょうか。

何年か前に「ノマド」とか「ノマドワーカー」という言葉が流行りましたが、あれってどこに消えたのでしょうか?
ネットの情報によると、ノマドワーカーとは、電源を求めてさまよい歩く人のことのようです。
なにも悪口を言いたいのではなく、ホントにそう定義されているのです。
「ノートパソコン、スマートフォン、タブレット端末などを使い、Wi-Fi環境のある喫茶店など、通常のオフィス以外のさまざまな場所で仕事をする人を指す日本語の表現。また、そのような働き方を、「ノマドワーク」という」(wikipedia)。ほら、ね。
「端末とWi-Fiを使っていれば、やがて充電がなくなるから、電源が欲しくなる」と明記されていないだけのことです。

よくわからないこと

ぼくは個人事務所を立ち上げて、個人として仕事をして10数年が経ちます。
その間に、「雇われない働き方」とか「ノマドワーカー」とか、いろんな「トレンドっぽい働き方」が語られては消えていきました。
個人的には騒がしい外野の声くらいに、そういう声を聞いていました。べつに嫌いじゃないけど、なにやら周囲が騒々しいなあという感じでした。

ノマドと言わず、「わたしは組織の中でうまくやっていけないので、個人事業主になります」でよくね?(ぼくのことです、はい)
「わたしは有名になりたいから個人で仕事をします」で、よくね?(SNSにいっぱいいますよね、こういう人)
これのなにがいけないのか、よくわからない。

当時は、ノマドワーカーに憧れている人を、先にノマドっている人が集めて、お金をとってセミナーをやっていたと記憶していますが、お金をとってまでなにを教えていたのでしょうか?
教えている内容がツマラナイから返金してくれと怒った人はいなかったのでしょうか?
少額ずつ数多くの人からお金を集めていたから、相手も諦めて返金の要請がなかったのでしょうか?

インスタ映えする働き方=最先端の働き方

この年になってわかることは(42歳です)、働き方におしゃれもなにもないということです。
たとえば今は、おしゃれなカフェのようなインテリアのIT企業で働くことが「最先端」と考えている人が多いのか、どこのIT企業に行ってもカフェのようなインテリアです。
そのままベッドと歯ブラシを持ち込むと、雑誌に載るような洒落た暮らしができちゃうのではないか、という感じにおしゃれです。
そういうところで、アップルのマークの機械とWi-Fiを使って仕事をすれば「最先端っぽく」見えるので、女性誌はよくそういうところで写真を撮っています。ようするにインスタ映えする働き方=最先端の働き方、です。

1度は最先端の働き方をしたいと思っている人は、そういう会社に応募して働いてみるといいかもしれません。
足元をウロウロしている最先端のお掃除ロボットにけっつまずかないように気をつけつつ仕事をすれば、あなたもインスタ映えするいい女性に見えるはずです。

切り取り方の問題でしょう

ただ、見た目がインスタ映えするような仕事だって、内情は泥臭く、しんどいということは、覚悟しておくといいと思います。
最先端の仕事っぽくても内情は大変。
だからインスタ映えする社内で、さっぱりインスタ映えしないかっこうで徹夜している人がいるのです。

写真が風景の切り取り方によって、インスタ映えしたりしなかったりするように、働き方も「どこを切り取るのか」によって、見栄えがしたりしなかったりするのです。
ぼくも若い頃は、おしゃれな仕事に憧れてきたので、よくわかります。
つまり、個人事業主とか、吹けば飛ぶような零細企業の社長と呼ぶのか、ノマドとかベンチャー企業の社長と呼ぶのか……ということ。

最先端の働き方問題も、問題の切り取り方や呼び方の問題と捉えたら、「わたしが勤務している今の会社はダサいけど、まあこんなもんかな」と思えてくることもあるのでは?
そう思えないのであれば、ぜひ積極的に最先端と思える仕事に転職してみては?
ぼくの経験から予言しておきますが、最先端の働き方に憧れてなんらか行動するというのは、1周回って同じ場所に帰ってくること必至。
でもまあ、無駄な1周ではないと思うので、よかったら転職を。(ひとみしょう/文筆家)

ひとみしょうさんへのお便り募集中!

Grappsにて連載コラムを執筆してくださっている、文筆家ひとみしょうさんにあなたのお悩みを送ってみませんか?

恋愛・仕事・人間関係などなど、大人女子の悩みを男性ならではの視点で解決してくれるはず!お悩み以外のご意見・ご感想でもOKです!

たくさんのお便りお待ちしております。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。 FB Twitter
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。