大人女子のためのWebメディア
検索
2018年04月23日更新

30歳を超えてお局様…「仕事がつまらないけど転職する気力が湧かない」解決法は?

職場での地位も上がってきて、気づけば部下ばかり…。いわゆるお局様の入り口に立つのが30代ですね。慣れている仕事内容にやる気が失われつつあるという方もいるかもしれません。今回はそんな大人女子ならではの悩みを文筆家ひとみしょうさんが、恋愛と絡めてとてもわかりやすくご説明してくれます。幸せって何?幸せってどういうこと?…とそんな答えの出ないモヤモヤも、きっとこのコラムを読めば解決するはずです。

わたしたちは年齢とともにいろんなものを増やしていっていて、たとえば、他人よりも遠い存在になってしまう人を増やしている人もいると思います。

セフレって、そのときは気持ちよかったね、恋愛っぽいね、ちゃんと付き合うより気楽で美味しいとこどりみたいでいいね、でいいのかもしれないけど、セフレの関係が終わってしかるべき時が流れたら、セフレの彼が心のなかで他人よりも遠い存在になっているということってわりとよくある話で、だからセフレの存在というのは今この時点からすでに微妙なわけです。

 

自分で自分のことを決め込む力も、歳とともに増えていく力。

たとえば表題に書いた「仕事がつまらないけど、さりとて転職する気力が湧かない」ゆえにつまらない毎日になんとなく流されるままに生きていて、同僚が結婚すると聞けば「わたしも来年こそは白馬に乗った王子様が…」と、白馬なんていう何時代にいるのかわからないロマンティックに心を痛めたりみたいな。

仕事がつまらないというのと、いつまで経っても白馬に乗った王子様がやってこないというのって、心の中の別々のところにその悩みがあるというより、どこか1か所をずぶっと刺してあげるといとも簡単に治ったりします。

 

それはどこかといえば、自分で自分のことを規定するのが上手になっているところ、じゃないのかなと、女子に取材と称してお話を聞かせていただくたびに、また、この手の女子の話を聞くたびに感じます。

たとえば「わたしは面食いだから」と言っている女子がいて、それはそれで全然OKな話です。

男だってたとえば「おれはAKBにいた大島なんとかちゃんみたいな女子にしか興味がない」とかと言う人がいて、そういうのってもう個人の趣味とか美意識とかの問題だから、それで全然いいと思うのですが、とかく「わたしは***だから」というかんじで自分で自分のことを限定した時点でもう、想像力とか好奇心とかわくわくとか、どきどきみたいなものがぜんぶ開店休業状態になってしまって、目の前にある面白いものを面白がれなくなって、ゆえに自分で自分の首を絞めることになって、ゆえに仕事も恋愛もイマイチ楽しくないし、でもまあ下半身は疼くからセフレでも、となっている人っていますよね。

解決方法は、知らない場所に行って知らない人と触れあうことです。

そうすれば、心の中のなにかの成分が「こんな変化もあったの?」と思えるくらいにこれまで知らなかった化学反応を起こして、知らないうちに好奇心が目覚めて、自分でも予期しなかった方向に人生がまわりはじめるから。

 

心が死んでるみたいになっていたり、やさぐれそうになっているときって、外部からの新しい刺激を加えてあげると、簡単に心って若返ります。刺激も、できるだけ本物の刺激がいいです。

セフレが与えてくれる刺激も、それはそれでいいのかもしれないけど、本物のバレエを観に行くとか、本物のサッカーの試合を観に行くとか(テレビで見るんじゃなくてね)、生の刺激って、あなたを裏切ることが少ないから。

 

せっかく仕事をして、それなりにお給料を稼いでいるわけだから、たまのお休みの日に1万円くらい財布に入れて、生の刺激を求めて知らない場所に行って、知らない人と触れあう。これをやるとなにかが変わりはじめるはずですが、それはなぜかといえば、これまで「わたしは**である」と自分で自分のことを規定していた自分が、とても小さいものに感じられる瞬間を、「生」がもたらしてくれるからかもしれないです。(ひとみしょう/文筆家)

ひとみしょうさんへのお便り募集中!

Grappsにて連載コラムを執筆してくださっている、文筆家ひとみしょうさんにあなたのお悩みを送ってみませんか?

恋愛・仕事・人間関係などなど、大人女子の悩みを男性ならではの視点で解決してくれるはず!お悩み以外のご意見・ご感想でもOKです!

たくさんのお便りお待ちしております。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。 FB Twitter
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。