大人女子のためのWebメディア
検索
2018年04月24日更新

焦りは禁物!30代女子の転職を成功させる3つの掟

30代になり、働いている職場で先が見えてくると、「転職したい」と考え始める女子はたくさんいます。

「転職35歳説」といって35歳までに転職しないとそれ以降は転職が難しくなる、とも言われているため、「早く転職しないと」と焦る人もいるでしょう。ですが、転職には焦りは禁物です。具体的な行動をおこしつつも、落ち着いて行動する必要があります。

①仕事を辞めない

30代女子は、ある程度貯金があるために、「今働いている会社を辞めて、しばらくゆっくりしてから転職活動しようかな」と考える人も多いようです。ですが、仕事を辞めてから職探しをすることはあまりお勧めできません。
なぜなら、無職になったことで、「早く仕事を決めないと」という焦りがうまれてしまうことが多いからです。納得できる転職先を探したいなら、在職中に転職活動を開始する方がよいでしょう。

②ゴールを明確に

「とにかく今の仕事がいや」という理由での転職は失敗に終わりがちです。
「なぜ今の職場が嫌なのか」を自己分析するとともに、「では、どういった職場なら自分が満足できるのか」も明確にしておくべきでしょう。
30代女子は、ある程度仕事をしてきているので、「これまでの仕事の延長線上」でキャリアを考えがちですが、30代ならまだ新しい分野に挑戦することも充分可能です。惰性で進路を決めるのではなく、自分の本当に目指すライフスタイルに合った仕事を目指しましょう。

③転職サイト+アルファを活用

転職活動は、「転職サイトを見る」だけで終われせてしまうのはもったいないことです。友人のツテを探してみたり、転職エージェントを活用したり、希望の会社に直接求人が無いか問い合わせてみたりすることで、自分にぴったり合った仕事に出会える可能性もあります。
最近ではLinkedInなどのSNSを使って採用活動を行う企業も増えてきています。新卒のときに就活サイトを使っていた世代は、転職のさいも転職サイトだけに頼りがちです。
ですが、転職市場は刻一刻と変化しています。転職サイト以外の就活も視野に入れることで選択肢が広がるでしょう。

さいごに

30代はまだまだ新しいキャリアにチャレンジするチャンスが開かれています。焦らずじっくりと自分の望むキャリアについて考え、情報収集をしっかりして転職活動にのぞみましょう。

 

Written by 今来今


ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。 Grappsでは、恋愛で躓いている女性が「こんな考え方もあるんだ!」「こんな人もいるんだ」と、前向きになれるような記事を書いていきたいです。ご意見・ご感想はTwitter@imakitakonまで♪
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。