大人女子のためのWebメディア
検索
2018年09月11日更新

「正社員として復職したいけど不安」35歳転職限界説はホント?

30代, 35歳, 転職, 正社員,

「幸せな結婚をして子供も授かった、でも仕事では挫折したという思いが強い」
「仕事からしばらく離れていたから、正社員として復職したいけど自信がない」
という、「復職したいけれどできるか心配」と考えている女性は多いでしょう。

今回は、正社員として復職を考えている女性向けに、30代の転職・復職の実情をご紹介します。
30代の女性で転職・復職を考えている、という方はぜひ参考にしてみてください。

35歳転職限界説はホント? 年齢で切られることが多いのは事実

欧米のほとんどの国では、履歴書を提出するさいに年齢や性別を記載する必要がないことをご存知でしょうか。
先進国の多くでは、年齢や性別で合否を判断することは差別だと考えられているのです。

一方、残念ですが現在の日本では、年齢・性別による差別は公然と行われています。
「35歳転職限界説は古い。今は30代でも気軽に転職する時代」なんて言われることもありますが、大手企業の採用担当者は、「これから育てていきたい」「年長者の部下は指導しにくい」と考え、やはり「同じスキルを持った人なら、若い人を採用したい」と考えている場合が多いのです。

「正社員として復職する自信がない」人もとりあえず転職活動をすべき理由

30代, 35歳, 転職, 正社員,

少子化が進み、若手だけの採用に拘っていられなくなったら、今後このシステムが変わっていく可能性はあります。
ですが、現代日本では、若さは就職・転職の大きな武器になることは事実です。

ですから、30代半ばで「正社員として復職したい、でも自信がない」と迷っている人は、ひとまず転職活動を始めてみることをお勧めします。
理由はふたつ。
ひとつは、今より若い日はもうこないから。
次に、転職活動を始めてみることで転職市場の実情をリアルに知ることができるからです。

「正社員として復職するのはやっぱり無理」と感じても、自信を失う必要はない

30代, 35歳, 転職, 正社員,

育児をきっかけに仕事から離れていた人の場合、正社員として復職しても、「やはり両立は難しい」と退職するケースがあります。
そうなったとき、真面目な人ほど、「他の人はできているのに、私は両立ができなかった」「もう働くのは無理かも」と自分を責めてしまいがちです。

ですが、自分を責める必要はまったくありません。
育児が始まったばかりで時期尚早だっただけだという可能性もありますし、正社員以外の働き方が合っている可能性もあります。

正社員で働く以外にも、クラウドワーカーとして働き単価を上げていく、個人事業を始める、会社を設立して仕事を作り出す、など様々な働き方があります。
自分に何ができるのか、何がしたいのかを突き詰めて考えていくことで、自分にあった仕事に出会える可能性は誰にでもあるのです。

さいごに

今回は、正社員として復職したいと考えている方向けに、30代の就活の実情についてお話しました。
正社員として復職したいなら、スキルや人脈がしっかりある人を除き、若ければ若いほど有利になるというのが日本の現状です。

自分にあった働き方を模索していきたいという方は、正社員に拘る必要はありませんが、「絶対に正社員として復職したい」という意志がある方は早期に就職活動を始めた方が良いでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

Grappsにいいね!して最新の情報を受け取ろう!

この記事を書いたライター

神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。 Grappsでは、恋愛で躓いている女性が「こんな考え方もあるんだ!」「こんな人もいるんだ」と、前向きになれるような記事を書いていきたいです。ご意見・ご感想はTwitter@imakitakonまで♪
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。