大人女子のためのWebメディア
検索
2019年07月26日更新

結婚式に呼ばれたら…抑えておくべき「お呼ばれしたとき絶対に守るべきマナー」3つ

結婚式抑えておくべきお呼ばれしたとき絶対に守るべきマナー

結婚式というのは、新郎新婦にとって一生に一度の大イベントです。その大イベントを成功させるために、守るべきマナーを紹介します。

ファッションはカラーに注意

結婚式は華やかなお祝いの席ですが、マナー違反の服装を選んでしまっては、せっかくのお祝ムードが台無しです。特に天気のいい昼間の結婚式の場合は、白のアフタヌーンドレスを着たい気分になるかもしれませんが、結婚式において白は花嫁のカラーとされています。

服装は全体的に白のイメージが強くならないように注意してください。足元はつま先を覆ったハイヒールがベストです。ミュールやブーツなどはカジュアルファッションに該当し、失礼にあたります。

ご祝儀は新札を包む

ご祝儀は新札を用意するのが最低限のマナーです。一般的にご祝儀の基本的な金額は「3万円」と言われていて、関係性によって3万円を基本に金額を調整します。また、お札の枚数は偶数だと割り切れてしまうので、縁起が悪いとされています。その一方で奇数には、古くから「喜数」とかけて縁起を担ぐ風習があります。

 親族にも挨拶をする

結婚式が始まる前に会場で新郎新婦に会ったときは、お祝の言葉が自然に出てくると思いますが、新郎新婦の家族や親戚に対しても、できるだけ挨拶を交わすのがマナーです。「本日は誠におめでとうございます」などの、短く簡単な言葉で構いません。結婚式は本人同士だけのものではなく、両家の同意によって成り立つものだからです。

マナー違反をその場で指摘しない

結婚式のマナーを紹介してきましたが、自分がちゃんとマナーを守れていても、一緒に参列した友人のなかにはマナーを把握していない人がいるかもしれません。そんなとき友人にその場で注意してしまうと、相手に恥をかかせることになります。後日、「私も知らなかったんだけど、結婚式のマナーは○○らしいよ」と、会話にさりげなく入れるとお互いに気分を害さなくてすみますよ。新郎新婦だけでなく、友人にも気遣いをしましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。