大人女子のためのWebメディア
検索
2019年08月04日更新

毎日の洗濯が辛いなら…「洗濯の負担を減らす」3つの時短テク

毎日の洗濯が辛いなら…「洗濯の負担を減らす」3つの時短テク

毎日行わなければならない洗濯は家事の中でも大きな負担になりがちです。できるだけ楽に乗り切るため3つのテクニックを取り入れてみましょう。

毎日の洗濯は効率的に

やったことが目に見えたり、工夫が楽しかったりする家事ならやる気も生まれやすいものですが、洗濯のように毎日当たり前に行い、やったことの形が見えにくいものは前向きに取り組みにくいという事も多いものです。そのような方は出来るだけ手間を省いて洗濯ができるようにしていきましょう。完璧にやろうとせずに手を抜くところは抜くのがポイントです。

1. 部屋干しでもOKの洗剤を使う

毎日の洗濯が辛いなら…「洗濯の負担を減らす」3つの時短テク2

お洗濯をするのに天気が気になってしまう方、仕事で出かけるのでなかなか外に洗濯物が干せないという方は、部屋干しでもOKとうたっている洗剤を使ってみましょう。雑菌の繁殖を抑えてくれる成分が入っているので、お部屋の中で干していても臭くなりにくいです。天気を考えて洗濯物の量などを調整しなくてよいので、考えることが少なくて済みます。梅雨の時期などでも活用できるので、ぜひこうした洗剤に替えて使用してみましょう。

2. 好みの香りの柔軟剤などを使って

最近は柔軟剤などに様々な香りがついていることが多いです。香りづけのために別途入れるアイテムも販売されていま

す。そういった物を使って洗濯することで、洗濯自体も楽しくなりますし、室内などに干していても好きな香りが漂うことになるので不快感が少なくなります。使用感はもちろんですが、香りの好き嫌いも重視して選んでみましょう。汗のにおいなどを抑えられるものなら、洗濯の間隔を少し伸ばすことも出来て楽になることがあります。

3. 干したままにするという手も

毎日の洗濯が辛いなら…「洗濯の負担を減らす」3つの時短テク3

洗濯で最も手間がかかるのが、取り込んだ後畳んで収納するという事です。毎日使うような物であれば、わざわざ畳んでしまわなくても、ハンガーなどに掛けたままにしておいても良いでしょう。必要なハンガーやピンチがかかるスペースが確保できれば、そこに掛けておいてそこから取り出して着用すれば畳む手間が無くなります。本当に使わない物だけしまえば良いので時間の節約にもつながり、忙しい方にぴったりです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。