大人女子のためのWebメディア
検索
2019年09月14日更新

「朝起きるのがつらい…」そんなあなたが試してみるべき対処法はこれ

「朝起きるのがつらい…」そんなあなたが試してみるべき対処法はこれ

朝は出来るだけスッキリ起きて、元気に1日を始めたいですよね。ここでは、気持ち良く起きて、快適に朝の時間を過ごすためのポイントをお伝えします。

寝る2時間前に食事を終えよう

朝、スッキリ目覚められる様になりたいなら、夜の過ごし方を変えることが大切になります。特に、ポイントになってくるのが食事です。

 

睡眠中は胃や腸の働きが鈍くなるので、遅い時間に食事をすると、食べ物が消化されないまま眠ることになってしまいます。

 

体内に食べ物を残したまま眠ってしまうと、睡眠の質が下がり、疲れがとれにくくなってしまうので注意が必要です。食べてからすぐ眠るのは避け、食事は寝る2時間前までに終えましょう。食べたものをしっかり消化させて、睡眠の質を上げることが大切ですよ。

朝日を浴びよう

朝起きたら、カーテンを開け、朝日を浴びる習慣を付けましょう。

たったこれだけで、朝起きるのが楽になるなら簡単ですよね。

 

実は、夜、眠くなったり、朝、起きた時にまだ眠かったりといったことには、ホルモンの分泌が関係しています。このホルモン分泌を止め、体内時計をリセットしてくれるのが、朝の太陽の光です。朝、起きたら、まずはカーテンを開けて、朝日を浴びましょう。これだけですが、ずっと目覚めが良くなりますよ。

起きたらコップ1杯の水を飲もう

朝の起床時は、多くの場合、空腹ですよね。この時に、コップ1杯の水を飲むと、胃腸が刺激され体が目覚めます。

 

朝がつらい場合には、頭で考えるよりも、体を目覚めさせた方が効果的です。胃腸が刺激され、内臓が働くことで、体は活動を始める時間帯だと認識出来ます。体が動けば、眠い、つらいと思っていても、案外、動けるものです。朝起きるのがつらいなら、コップ1杯の水を飲む様にしてみてくださいね。

SNSのチェックをしよう

SNSのチェックは、夜、寝る前に行う人も多いですが、朝、起きるのがつらい人ほど、朝にすることがお勧めです。

 

スマホやパソコンの光は脳を覚醒させてしまうので、就寝前の利用には向きませんが、目覚める必要のある朝なら、寧ろピッタリと言えますよね。また、夜だと、だらだら続けてしまいがちですが、朝は時間が限られるので、必要なところにだけ時間を割いて終わらせることが出来ます。やらなくてはいけないことがあると眠くても起きようとするので、SNSのチェックこそ、朝にすることがお勧めですよ。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。