大人女子のためのWebメディア
検索
2019年10月19日更新

相手との距離感がカギ!大人になってから友達を作る方法

相手との距離感がカギ!大人になってから友達を作る方法

学生時代だと、なにも意識しなくてもお友達が出来たような気がしませんか?しかし、大人になってから友達を作るって、とても難しかったりしますよね。そこで今回は、大人になってからどうやって友達を作れば良いのか、具体的な例を挙げていきます。早速、チェックしていきましょう!

1.カルチャースクールに行ってみる

地域の活動が出来るコミュニティセンターなどで定期的に開催されているカルチャースクールやワークショップは、たくさんの世代の集まる場です。

 

「カルチャースクールの手書きで年賀状というものに興味を持ち、1人で参加を申し込みました。同じテーブルで作業をした人と意気投合して連絡先を交換して、社会人になってはじめて友達ができました」(20代女性/Aさん)

 

「習い事」を始めるよりも安価であり、かつ毎週通わなければならないものと、単発で開催されるものとがあるので仕事がある人も専業主婦の人も足を運びやすいのが魅力的!

2.ボランティア活動に参加してみる

子どもがいなくても参加できるボランティアもあります。地域の催し物でのボランティア活動もありますし、様々なイベント実施運営のボランティアも、広報誌やSNSで多く募集されているものです。

 

「人との関わりが欲しいと思って参加したのが、地域の夏祭りのボランティア。回覧板にボランティア募集とあって、お祭りの日の土日はなにも予定が無かったこともあり参加してみたら、地域の様々な年齢の人と関わることができました。そのなかで年齢が近い何人かと連絡先を交換でき、こういった場に積極的に関わることで人脈が広がるということがわかりました」(40代女性/Bさん)

3.ペットのお散歩でまさかの出会い!

雨が降っても風が吹いてもお散歩に連れていく必要があるというペットのお散歩。そこで数度顔を合わせた人と意気投合できたという意見もありました。

 

「よく吠えるうちの子と何度かすれ違ったことのあるワンちゃんの飼い主さんと、公園でお互いの子がフンをして取ったときに自然と会話が始まりました。何度か会って話をしているうちに仲良くなってきて、連絡先を交換するまでになりました。今では一緒にご飯を食べに行く仲になっています」(20代女性/Cさん)

 

ペットのお世話を通じて、大人になってからお友達が出来るというのは嬉しいことですね。同じ興味関心を持った人と知り合えば、きっと心が通じ合えることでしょう。

 

仕事や子どもといった関係ではなく、自分自身で積極的に純粋なお友達がつくれるようになれば、きっと毎日が明るく楽しくなるはず!ぜひ、参考にしてみてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

”いつでも可愛く、元気なママ”で居られるように、WEBライターとして精力的に活動している2児の母。美容はもちろん、家事も仕事も手を抜かない努力型人間。有益なコンテンツ制作のため、情報収集に奔走する毎日です。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。